スポンサーリンク

オルルド釣具のロリベもどきについてモノ申す!

今週末は出張なので釣りにも行けず・・・なので特にネタが無いんで今更とは思いながらもAmazonで話題になっている「オルルド釣具」のルアーについて私も買って使ってみたので書いてみようと思います。
オルルド釣具のロリベもどき。
買ったのは画像の5つセット。
タックルハウスのローリングベイトとそっくりなバイブレーションです。
商品名はシンキングバイブレーション9cmになるのかな?
外観は評判通り若干塗装がチープ。100均レベルとは言わないものの表面の造形が荒いような感じ。
フックは割りとしっかりした物が付いていて針先も問題ないレベル。いくつかのフックで針先が甘い箇所もありましたが、フックシャープナーで研げば問題ないので十分使えると思います。少なくとも100均の物よりは強度がありそうです。
肝心の使用感ですが、5つ購入したうち3つを実際にフィールドに出て使ってみましたが、2つはちゃんと泳ぎアクションも本家に近い感じでしたが、1つは早巻きしないとルアーが動きませんでした。きっと製造時のウエイトの位置が悪いんでしょうね。やはり個体差はあるようです。
気になる釣果については、未だ結果は出せてません。
実は使用したのも1回の釣行で数分のみ。試しに使ってみた程度ですから、釣れなくて当然ですね。
では何故使い続けなかったのか?
それはやはり信頼出来ないからです。
私はサラリーマンで週末アングラー。
しかも家族サービスも程々に要求されている肩身の狭い男です(;^ω^)
そのため、釣行時間は限られています。
そんな中、使いたいルアーは実績の高い信頼の置けるルアーになってしまいます。
釣りに行くからには、やはり結果を出したいのが釣り人のサガですから。
きっと、このルアーも使い続ければ釣れると思います。
有名メーカーがしっかり開発費を掛けて販売されたルアーのコピーですから、釣れるのも時間の問題でしょう。
ただ個体差があるので、本当に水中でしっかり動いているのか分からないようなルアーを使い続ける事に抵抗を感じ、使おうと思えないといったところでしょうか。
他の方のレビュー記事を見てると、「根掛かりを恐れず使えるのが良い」といった趣旨の書き込みをよく見掛けますが、無闇に水中にゴミを残すような行為は、私はしたくありません。いくら安くても・・・ねぇ?
一方で国産ルアーメーカーにも頑張ってほしいのが正直なところ。
流石に価格面でここまで安くしろとは言いませんが、最近のルアーって高すぎません?
2000円超えるルアーなんて高すぎて私の小遣いでは買えません。
昨今はルアーの入れ替わりも早いので、開発費の回収のためにも、価格が高くなるのかもしれませんが、もう少しユーザー目線で考えてもらいたいものです。それが長く売れる秘訣のひとつかと、私は思います。
以上、途中から話が脱線してしまいましたが、こんな感じです。
参考にならない記事でスイマセン(;´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪

コメント

  1. 何で購入したのか? より:

    はじめっから信頼できるメーカーのものを買えば良かったんじゃあ?
    安いから買っときながら信頼できない、でも国産の信頼できるルアーは高いから買えないってあんた、販売者側もそれは無理ゲーだよ。

  2. こもチック より:

    コメント有難うございます。
    確かにおっしゃる通りです。
    購入したのは話題になっていたので試しに買ってみたって程度です。
    このタイプのルアーは割り切って使う分には十分でしょうが、記事にも書いた通り信頼性に欠けます。
    だからこそ有名ルアーメーカーのものを買って使う訳ですが、昔と比べるとルアーの流行り廃りが早く、メーカーも費用回収のために高めの価格設定をするようになったのが今の状況かと思います。
    メーカーの姿勢を否定するのでは無く、もう少し企業努力しないと、コピー製品に淘汰されていかないかと思ってたりします。ま、私みたいなのが心配することではないのでしょうが…。