スポンサーリンク

大潮が嫌い。【釣行記】

またしても更新をサボってしまいました。
なかなか続かないもんですね。
さて今回は自分の備忘録も兼ねて過去の釣行記を書き込みたいと思います。お暇なら見て頂ければ幸い。

期待の新月大潮!だが!?

釣行日は5月27日の土曜日。
この日は大潮。しかも新月回り。満潮の20時40分に狙いすまし、出撃します。
翌日が息子の運動会ということも有り、短時間勝負と自分に言い聞かせ車を走らせます。

向かった先は大阪南港。超メジャーポイントの南港大橋です。
到着したのが20時45分。車を止める時点で解る人の多さ。流石にバチ抜け真っ盛りの今、大潮のタイミングは皆さん外せないと思ってのことでしょう。取り急ぎ準備。

ただ入りたいポイントには先行者が居て思うように攻められず。
加えて結構強めな風が吹き、水面は波立つほど。その為、運河に面したポイントは諦め、船溜まりの方へ狙いを定めます。
船溜まりの常夜灯付近には、小さいバチがウヨウヨ泳いでました。それに時折小さい魚がボイルしていますが、シーバスではなくアジかメバルみたいな感じ。試しにルアーを通すも無反応。これに惑わされてると駄目だと思い、他の場所を探りに行きますが、人が多いので自分のペースで釣りを組み立てられず。外向きの堤防まで行き、マニックでバチ抜けを意識した釣りをするも、風が強いと浮き上がってくるので攻めきれず。周りを見ても釣れておらず、今日はバチパターンには厳しいか?と判断し移動を決意。

で少し離れた某岸壁へ。
しかしそこでも先行者。一級ポイントにサビキ釣りの人が数人。幸いルアーマンは居なかったため、遠く離れた場所から釣り始めることに。ここでも風の影響は強く、向かい風を受ける形だったので、足元の岸壁沿いに狙いを定め、コアマンのVJ-16にチェンジして釣りを展開していきますが、表層からボトムまで丹念に攻めるも、バイトは得られず。

サビキ釣りの方々の様子を伺ってると、結構良いサイズのアジが釣れている様子。潮の流れも効く場所なので、羨ましく思いながら、離れた場所でキャストを繰り返しますが、結局最後までノーバイト。24時30分に納竿としました。

この日の敗因は、大潮の下げ始めを狙ってバチパターンを意識したものの、風の影響まで考えきれなかったことでしょうか。もっと早めに見切りをつけ、ポイント移動するべきだったと考えます。また短時間釣行と決めていたのも有り、ルアーチェンジをマメにしていなかったのも敗因のひとつかもしれません。釣れないときこそ、もっと色んなルアーを試すべきですよね。

そんな今回の釣行で使ったルアーはコチラ。

これだけしか使ってませんからね(´・ω・`)
今後は今までの実績に頼らず、色々試していきたいと思います。

しかし大潮の日は苦手です。過去の釣行記を遡ってみても、大潮の日に良い思いした試しがありません。
きっとポイント選択が悪いのだと思います。これも今後の課題としたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪