スポンサーリンク

【釣行記】春の陽気の南港エリアに行ってきた話

2月は色々とタイミングが悪く釣行回数が2回と結果が出せないまま終わってしまいました。
3月に入り気温も高くなってきて春の陽気を感じられるようになってきたからか、twitterでも好釣果が聞こえてくるようになりました。私も負けじと3月3日に出撃しましたが、やっぱり結果を出すことが出来ませんでした(^_^;)
今回はそんなお話です。

1時間限定釣行!その結果は!?

当日は仕事だったため、車にタックル一式を詰め込み出勤。終業と同時にポイントへ直行し、17時30分より釣行開始。
向かった先は職場から程近い南港エリア。しかし狙っていた本命ポイントには入れず、他のポイントに移動する羽目に。
この日はひな祭りということも有り、帰宅が遅くなると嫁さんの機嫌が悪くなりそうだったので、1時間だけの短時間釣行と決めていただけに無駄な移動を強いられたのは痛い誤算でしたが、南港大橋周辺でようやく釣座を確保。

使用するルアーは実績を考慮しコアマンVJ-16を選択。
日没前ということもあり、表層からチェックしていきますが反応は得られません。
徐々にレンジを下げていきますが、ベイトに当たる気配もありません。
キャストする方向も護岸沿いから沖向きと四方八方にキャストしますが、大潮の割に潮の動きは良くなく潮目もハッキリと見えない状況。そこで狙いをボトムに切り替え、着底させてからのスローリトリーブで誘うことに。
護岸沿いにキャストし、ボトムをスローに引いてきたところ押さえ込むような手応えを感じたため、ロッドを立てて様子を伺います。しかし生命反応は無く根掛かりしたようです。幸い護岸沿いだったため、キャストした方向に歩き進み、キャスト方向と反対側に回り込んで引っ張ると、重量感を感じながらも浮いてきているのが解りました。ラインブレイクしないようジワジワと巻き上げると何か引っかかっていましたが、抜き上げるには少々思い。そのため、背負ってたランディングネットを使いすくい上げることに。キャッチできたのは・・・

チヌ釣り師の落とし物?

何やら袋状の編みが付いた熊手のようなものでした。どうやらチヌの餌となるイガイを捕るためのもののようです。誰かが落としたのでしょうね。チヌ釣りをしない私には無用の長物なので、必要とする人が持って帰れるよう釣場の脇に置いておきました。
その後も引き続きボトムを狙っていきますが、反応なし。気がつけば1時間経っていましたので、何の反応も得られないまま納竿となりました。

釣行を振り返って

今回は会社から近いという理由で南港エリアに向かいましたが、本命ポイントには入れず思っていた釣りが展開できませんでした。完全にリサーチ不足です。また釣行時間が確保できなかったのも結果を出せなかった一因でしょうか。せめてもう1時間あれば色々と試せたのですが・・・ま、仕方ないですね。

次の釣行ではしっかり計画建てて結果を出せるよう頑張りたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪