スポンサーリンク

西宮から天保山までランガンした結果

先日5月12日の釣行記です。
この日はtwitterのフォロワーさん達が某所に集まるとのことでお邪魔してからの単独ランガンを強行したのですが、最後の最後にやってしまいました・・・。

いつもの浜に集合したものの・・・

twitterでお世話になっているとんぷくさんにお誘いいただき、向かった先は通称”いつもの浜”。ワタシは家庭の都合もあり現地到着は22時を過ぎた頃。
車を止めて浜辺へ向かう途中にとんぷくさん達と合流し、ご挨拶。しばし談笑の上、釣りを始めることとなりましたが、時合は既に過ぎ去っており、ワタシが到着する前まではボイルも発生していたとの話でしたが、時既に遅し。潮の動きも緩慢で、目に見えるベイトも無し。

このポイントは砂浜のシャローエリアと石畳のやや水深のあるエリアが隣接し、マンメイドストラクチャーや常夜灯も絡み、いかにもシーバスが釣れそうな雰囲気です。ただワタシはサーフでの釣り経験が無いので、必然的に水深のあるエリアへ歩みを進め、適当な場所を陣取り沖向きにキャストを始めます。しかし当たるのはボラばかりでシーバスからの反応はなし。
少しずつ歩き進み、常夜灯が絡むエリアに移動。ここでしばらく粘ってみるものの、既に他のアングラーに叩かれた後だったのでワタシのルアーを喰ってくれるようなマヌケなシーバスは流石にいませんでした(;^ω^)

よく見るとピンぼけでした。

他の皆さんは既に納竿モードで談笑中。
ワタシも慣れないポイントに見切りをつけ、皆さんと合流。
しばし談笑の上、解散となりました。
しかし諦めの悪いワタシは、単独ランガン釣行を継続。程近い武庫川へ向かうこととしました。

久々の武庫川でしたが・・・

次に向かったポイントは武庫川に面した某所。
数年前に来たきりの久々ポイントでしたが、様子見がてら覗いてみました。
見た目には雰囲気もあり、釣れそうな感じもしましたが、コアマンVJ-22でサクッと探ってみたものの反応なし。
やや移動した先のシャローエリアでは、水面がモゾモゾしているのを確認。近寄ってみると大量のマイクロベイトが貯まっていましたが、流れが無くシーバスが喰いに来ている様子もなし。小型のバイブレーションで周囲を探るも、手元に伝わるのはボラに当たる独特のブルンといった感触だけ。時々マイクロベイトが引っかかってきますが、シーバスは喰ってくれません。

こんなのがワンサカ居たんですが・・・

このエリアに見切りをつけ、ホームエリアとなる天保山まで戻ることに。

新規開拓するも・・・最終的には?!

天保山まで阪神高速で戻り、どのポイントに入るか悩みましたが、ここ最近の天保山エリアは不発気味。時間的にも潮効きが悪く、釣れる雰囲気ではありませんでした。そこであえて今まで入ったことが無いポイントへ行ってみることに。
運河に掛かる橋脚と常夜灯、係留船が絡む雰囲気あるポイントですが、見た目とは裏腹にシーバスからの反応は無し。湾奥となるこの場所はベイトの存在とタイミングが重要。この日はそのどちらも欠けていていたようです。時計を見ると1時半を回っていて、体力的にも次のポイントがラストチャンスと判断し、いつもの湾奥某河川へ最後の望みをかけて向かいました。

雰囲気だけはあるんですが・・・

ポイントに到着し、短時間勝負と決め、コアマンVJ-16で足元をテクトロで探ります。
緩やかに潮位が上がってきている中、上流側から下流に向けて歩き進み、足を止めてリーリングをし始めた際にグッと押さえ込みようなバイトがありました。しかし不意をつかれたこともあり、慌ててロッドを立てて巻合わせみたいな形で反応してしまいました。一旦はフックアップしたものの、足元でのやり取りでシーバスが頭の向きを変えた瞬間にフックアウト・・・貴重なバイトをモノにすることが出来ず、ピンクのアルカリシャッドだけ持っていかれちゃいました(´・ω・`)

やらかしました。

続く反応もなく、体力的にも限界を感じたため納竿としました。

釣行を振り返って

この日の釣行は完全に時合を逃した形でした。
最初の”いつもの浜”でもそうですが、着いた頃にはボイルも終わり沈黙状態。
久々に入ったポイントや新規開拓先でも目に見える反応はなく、不発。
通い慣れたポイントで唯一のバイトを得ながらもバラす。本当に情けない結果となりました。

また初めてのポイントでいつもと違う環境だと、どう対応して良いのか分からなく、自分の引き出しの少なさを露呈したかたちになりました。ここ最近はVJ-16に頼り過ぎていて思考回路が停止状態だったと思います。もっと色んな場所に出向き、色んなルアーを使わなければ上手くなりませんよね(´・ω・`)

次の釣行ではこれまでの実績にとらわれず、色々試行錯誤しながら釣果に繋げられるよう頑張ります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪