スポンサーリンク

メイホウ バケットマウスBM-5000を買ってみた感想

先日Twitterでとんぷくさんのツイートで知ったんですが、メイホウのタックルボックス「BM-5000 バケットマウス」がアマゾンで安くなってるとの事。
実はワタシ、今まで釣りに行く際の荷物は使い古しのバッグにゴチャゴチャに詰め込んで車に積んでたんですが、あまりにもグチャグチャで嫌気が指してたんです。そんなタイミングだったのでついポチってしまったんですが、これが値段の割に機能的でちょうど良いサイズだったもんで気に入ってしまいました。今回の記事で少し紹介してみたいと思います。

アマゾンでポチってから翌日には届いたBM-5000

バケットマウス BM-5000

思ったよりも大きく、それでいて頑丈な作り。本当に座っても歪むこともなく大丈夫です。
早速蓋を開けて中を確認。

中はこんな感じ。

蓋は片手でも開けられる構造で、左右どちらからでも開閉可能。また開けたまま固定することも可能ですので非常に使い勝手が良いですね。
上段にケース半分ほどの大きさの可動式トレイがあります。これは向きを入れ替えることで固定したりスライド出来るように出来ます。固定時は左右どちらにも固定可能です。
下段には間仕切りが1つ入っており、仕切り位置は3箇所あります。内部は下に行くほど狭くなるため、中に入れるケースを買う際には注意が必要です。間仕切りを中央にセットするとメイホウVS-3010NDMが横にピッタリ収まります。間仕切りの高さまでで考えれば3つは収まりそうですね。

VS-3010NDMが横置き出来ます。

底部には滑り止めゴムを取り付けることが可能です。これがあれば沖堤防に渡る際に渡船に乗っても滑らず安心ですね。

滑り止めのゴム。自分で貼り付けます。

参考までにラベル部を。

詳細はこちらで確認を。

ワンサイズ大きいBM-7000にしなくて正解でした。ワタシには十分すぎる容量です。

100均グッズで機能的に!

この十分過ぎる容量をしっかり活かすために、中に入れる小分け用ケースを買いに行きました。同じメーカーのメイホウ製ケースで揃えれば間違いないのでしょうが、ここは安く抑えたいところ。そこで近所の100均「セリア」に行って物色してきました。

購入時には内寸を確認しながら商品寸法をチェックし、2種類のケースを購入。
まず1つめは大きめのケースで下段の間仕切りを中央にセットしてちょうど良いサイズです。
入れてみたところ本当にぴったりサイズ。

横幅ピッタリ♪

縦方向に少し隙間が出来ましたが、ここに薄いケースやバッグを入れて使うことも可能ですね。
この大きいケースには予備のリールやライン、グローブ等の比較的使用頻度の低い大物を入れようと思います。
ちなみにラベルはコレ。お買い上げの際の参考になれば幸い。

食パン用ケースでした。

もう1つのケースはタコエギやチニング等のシーバス以外の釣具を収めるように購入しました。横幅に合わせてややスリムなケースを探し、これをチョイス。2つセットで100円でした。入れてみると思い通りのサイズで感動しました♪

これまたピッタリ!

このケースを2段重ねて置くとその隙間にメイホウVS-3010NDMが縦にピッタリ収まり高さもちょうど良い感じになります。この上に更に別のケースを置けるのでカナリ機能的に使えそうです。蓋に留め具はありませんが、しっかり閉まりますしBM-5000の中に入れるだけですので、これで十分ですね。
ちなみにこのケースのラベルはコレ。食器コーナーに置いてあります。

レンジOKですw

上段トレイはスペアフック等の使用頻度の高い小物と小さめのケースをセット。雑誌「SALTWATER」の付録のケースがピッタリでした。

上段トレイはこんな感じで。

ケースを使って小分けに収納することによって整理しやすく機能的になりました。沖堤防に渡るときや遠征時には出来るだけタックルを持ち込みたいので、BM-5000を買って正解でした。大きさも必要以上に大きくなく、現場に持ち込みガンガン使うにはちょうど良いと思います。

これだけ使い勝手の良いBM-5000。今アマゾンで税込み2606円で売られています。プライム会員なら送料無料!買うなら今がチャンスですよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪