スポンサーリンク

台風直前の大阪湾奥部に出撃した話

先日の台風21号が大阪に向かってくる前の9月4日早朝の釣行記です。
前回釣行時の情報や台風直前という状況からエリア選択した結果、シーバスと巡り合うことが出来ましたが、台風21号通過後の被害状況を知った今となっては「よくあの台風の前に釣りに行ってたもんだ」と思います。今回はそんな話です。

台風上陸前のベイトの動きを読め!

まずは先日9月4日に関西を中心に大きな被害をもたらした台風21号に被災された方、また9月6日未明に発生した北海道での震度7の地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

関西、特に大阪は台風被害が少ないので、この日も「どうせ大したことないだろう」と高をくくって午前3時に起床。既に波浪警報が出ていましたが、向かうポイントを大阪湾奥部と決め込んでいたため、特に影響はないと判断し、嫁さんに呆れられながらも自宅を出発。現地には午前4時頃到着。

来ちゃった。

場所は都市型河川下流域に面する大阪湾奥部の船溜まり。
ここを選んだ理由は9月1日の夜にも出撃していたのですが、この時にボウズだったもののクルクルイワシを単発ながら確認できており、そろそろカタクチイワシが湾奥部に入ってくるタイミングだと考えたことと、潮回りが良くない時期だったことから中流域よりも下流域が良いのでは?との推測からです。
また台風が北上するにつれ、ベイトもシーバスも共に沖から湾奥部に逃げ込んでくるとの予測も相まって、このタイミングで短時間勝負を仕掛けてきました。

普段ははしけが数多く係留されている桟橋ですが、桟橋の工事が行われているため、はしけが全く係留されていません。そのため、ベイトが留まることが出来なかったのか見た目にも生命感がありません。工事の影響もあって釣りが出来る場所も限られており、狙いを絞ってキャストを続けましたが駄目。諦めつつ帰る途中のテクトロで何か引っかかったような感触が伝わり、水面を見やるとロープが浮いていたのでコレに当たったのかな?と思った矢先、ラインが沖に走り出し!?と驚いたのも束の間、エラ洗いされフックアウト。30センチ程のシーバスでしたが残念。諦めて明るくなる前に次の場所に移動することに。

次の場所は先の場所から程近いポイントで水深のある某岸壁。
潮通しもよく、水深もあることから夏場でも比較的釣果の上がる場所なので、朝マズメパワーを借りて残り1時間に勝負をかけます。ルアーはいつものコアマンVJ-16。アルカリシャッドはシャローイワシをセット。岸壁際ギリギリにキャストし、ボトムまで沈めて巻き上げて誘います。

しばらくキャストしていると数匹のクルクルイワシを発見。エリア選択は間違っていないようです。
ショートキャストで横の動きよりも縦の動きを意識しキャストを重ねていくと、ピックアップ寸前にチヌが下から突き上げるように喰ってきましたが、喰い損ねたのかフックアップには至らず。

そこで少し間を空けて同じ場所にキャスト。ボトムまで沈め、着底と同時に再びバイトが出ましたが、またもや乗らず。フックが駄目になっているのか!?回収してきたVJ-16のフックを爪で確認すると、確かに刺さりが悪くなっています。
フックシャープナーでサッと研ぎ、アルカリシャッドもパニックグリーンに変更。やや濁りがあり光量が少ない朝マズメにはソリッドカラーの方が目立つとの考え。これをセットし、次のキャストのフォール中、着底より少し早くにコン!と軽い感触が伝わったため、バイトと確信。ロッドを煽ってフッキングさせます。無事フックアップし、ファーストランでドラグ音が鳴りファイト開始の合図を知らせてくれます。
足場はやや高く、足元がえぐれているため、潜られすぎると厄介。ファーストランを耐えた後にドラグを締め、少し強引に浮かせにかかりますが、浮かせすぎるとエラ洗いされてしまうため、水面を伺いつつ距離を図ります。右に左に逃げ惑う相手をロッドワークで交わし、浮かせるとガッツリ喰っているのが見えたため、余裕を持ってランディング。

勝負あり♪

パニックグリーンに変更した1投目で喰ってきました。狙い通り行き過ぎです(*´∀`)
フックも口の横の部分にしっかり掛かっており、フックを研いだ甲斐がありました。

パニックグリーンが効きました

メジャーを取り出し計測。52センチ程度かな?まずまずなサイズです。

52センチ♪

ミスバイトを乗り越え喰わせることが出来たので嬉しかったですね。

ドヤ顔スイマセン

このシーバスはフックを外す際に暴れられたためにフィッシュグリップが下顎を貫通してしまったことから、キープして美味しく頂くこととし、バッグからビニール袋を取り出してキープ。その後しばらく同じように狙うも続くバイトが得られず7時過ぎに納竿としました。

釣行を振り返って

前回釣行時のクルクルイワシ発見をヒントに、エリアを絞り込んだ結果が功を奏し、シーバスに巡り合うことが出来ました。台風の動きや潮回りから推測し、釣果に繋げることが出来たのは、これまでの経験が上手く活かせた証だと少し自信に繋がりました。

今後の釣行においてもベイトの動きを読み、良い結果を出せるよう頑張りたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪

コメント

  1. ゆうた より:

    お疲れ様でした。
    自分は台風の日、普通に仕事だったのですが、1時半に退社したので帰りはビビりながら運転して帰りました。
    途中何本も5メートル以上の木が根こそぎ折れてて焦りましたが。

    • komo-chick komo-chick より:

      返信遅くなりました(^_^;)
      今回の台風21号は想像できないほどの被害が出てビックリしました。
      前半戦は苦しい釣行でしたが、釣れたので一安心でした。