スポンサーリンク

初秋の大阪湾奥エリアをランガンした結果

公私共に色々あって前回9月9日の釣行から2週間ぶりとなる9月23日の釣行記です。
朝晩も涼しいどころか肌寒さを感じるようになり、シーバスの反応も上向きになってきました。そんなタイミングでの朝マズメ短時間釣行。その結果は如何に!?

幸先の良いスタート!しかし!?

朝マズメ狙いだったにもかかわらず、二度寝してしまい現地到着は午前4時過ぎ。
急いで準備を進め、エントリー出来たのが4時半頃でした。
この日もいつも通りコアマンVJ-16からのスタート。まずは常夜灯が効くエリアで様子を見ようと明暗部の少し先へキャスト。水面に影を落とさないよう、水際から離れてリーリングします。するとピックアップ直前の足元でコン!ロッドを軽く煽るとそのまま水面を割って飛んで出てきました(;^ω^)

1投目で釣れちゃいました。

30センチに満たない可愛いサイズが反応してくれました。サイズはともかく1投目で釣れてビックリ。ひょっとして今日は爆釣あるんじゃないの?なんて思いながら次のシーバスを探していきましたが、反応なし。小移動を繰り返しつつ明暗部やストラクチャーを打ち続けます。しかし時間だけが過ぎ、シーバスの反応は得られません。
この場所に見切りをつけ移動を決意。

次の場所は1箇所目のポイントより更に湾奥部。ベイトが湾奥部に入り込んでいればチャンスあるかも?と数年ぶりにエントリーしてみたところ、護岸工事が進められており、以前と雰囲気が変わっていました。徐々に明るくなっていく中、チヌの魚影は確認できたものの、シーバスの姿は見ることすら出来ず。ベイトも見当たらなかったため、早々に移動。

3箇所目は更に湾奥部となる某運河。このエリアは奥まっているものの水通しが比較的良い場所なので、シーバスの活性も高いのでは?と思ったものの、反応なし。予想が外れ、日が昇り始める中、最後の移動を決意。

時間がない!急げ!

最後の移動先はいつもの大阪湾奥某河川。到着したのが6時半を過ぎており、残された時間は僅か。既に日も昇り始め、下げ潮が効くタイミングに期待を込めてVJ-16を岸壁際にキャストしテクトロしていきます。

一旦下流側へ歩き進み、そこから上流側にテクトロしていきます。通常シーバスは上流側に頭を向けてステイしており、ナイトゲームであれば上流側から流されてくるベイトを食べるイメージですが、デイゲームとなると話は別。逆に下流側から遡上していくベイトを狙い撃つべく岸際のシェードに潜んでいます。それをテクトロで狙い撃つわけですが、思うように反応が出ません。そこで一旦ピックアップし、再度下流側に向けてキャスト。一旦ボトムまでフリーフォールさせてからテクトロをし始めようと思った矢先、着底前にラインが沖側に向けて走り出しました。フォールで喰ってきたようで慌ててラインスラッグを巻取りスイープにフッキング。手元に伝わる重量感と共に鳴り響くドラグ音。ファーストランで一気に下流側に走られるものの、横移動しながら距離を詰めていきます。激しく抵抗続け、右に左に逃げ惑いますが、目視する限りではガッツリ喰っていたためバレる心配は無いと判断し、無理にランディングに持ち込まず徐々に体力を奪い、十分に弱らせてからネットイン。

VJ-16イワシゴールド!

リアフックが口の中にしっかり掛かっていました。これならまずバレませんね。

VJ-16は最早エサ。

サイズは61センチ。丸々と太っており筋肉質なシーバスでした。

良型シーバスゲット♪

反応が得られなかった時間が長かっただけに本当に嬉しい1匹です。

ドヤ顔スイマセン

リリース後、しばし余韻に浸ってからキャストを再開。ひとしきりテクトロでチェックした後はストラクチャーをショートキャストで狙っていきますが駄目。その後しばらくするとラインラッシュが発生し、PEラインが大量に放出されてしまいました。ショートキャストを繰り返していたため、巻取りが甘くなっていたようです。これは解けないかなと諦めかけましたが、しばらく格闘して何とかカットせずに綺麗に解けてくれましたが、かなりの時間をロスしてしまい、お腹も減ってきたため納竿としました。

釣行を振り返って

開始早々に可愛いサイズながらもシーバスが釣れ幸先の良いスタートが切れたものの、結果的には終盤にいつもの場所でいつもと同じパターン。単発ながら何とか良型シーバスに巡り会えました。短時間釣行ということもあり、VJ-16をメインに岸壁際をテンポよく探っていきましたが、少し釣りが雑になっていたかもしれません。もう少し丁寧な釣りをしていれば違った結果になったかもしれません。

VJ-16は私が一番信頼しているルアーと言っても過言ではないですが、過信しすぎず、色々トライしながら結果を出していけるよう頑張りたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪