流行りに乗ってハマチを狙いに行った結果

9月26日の釣行記です。休みが取れたので平日ながらも南港魚釣り園に行ってきました。今年は大阪湾の各所でハマチが釣れているとの事から、流行りに乗ってハマチ狙いに行ったものの、思い通りにはいかず・・・。苦労して得た釣果とは?!

平日なのに人多すぎ!

9月下旬は疲れが溜まっていたのか顔にヘルペスが再発してしまい、地味にキツかったので仕事が減ったタイミングで有給を取得し皮膚科へ行くこととしましたが、皮膚科受診まで時間が勿体ないと思い午前中は釣りに行こうと思い立って思いつきて南港魚釣り園へ行ってきました。

狙いはハマチ。今年は例年以上にショアからハマチやツバスが釣れているとのことで、その波に乗ってみようと思いまして。沖堤防に渡ることも考えましたが、平日だし南港魚釣り園も空いているだろうと思って少し遅めに自宅を出発。現地に着いたのは夜が明けた午前6時半。着いて驚いたのが大勢の釣り人で賑わっており、釣座を確保するのも南端の方に何とか確保できたという感じ。平日なのに皆さん気合入ってます。

久々の南港魚釣り園。果たして!?

私も負けじと急いでタックルを準備。いつものシーバスタックルにコアマンIP-26をセットし投げ倒す作戦に。表層から探っていきますが反応なし。徐々にレンジを入れますが、これまた反応なし。そこで今度はコアマンVJ-28をセット。ゴムの力に頼ってみましたが、これにも反応がありません。

ここでようやくメタルジグに変更。ジグパラ20gをセットしてフルキャスト。するとスプールに巻かれていたはずのPEラインが殆ど放出され、下巻きが出ていました。やっぱメタルジグは飛びますね(^_^;)

ラインが足りません・・・

もともとPEラインは100m程度しか巻いていなかったのですが、数回のラインブレイクで短くなっていたのかと思います。これではフルキャストしてボトムを取ると下巻きまで放出してしまいそうです。実際試してみると下巻きまで出ていってしまいました。そりゃ2500番のリールでジグ投げるのが悪いわ。

下巻きを放出しないよう力加減しながらキャストし、メタルジグをシャクってみます。一心不乱に、親の敵のようにロッドをシャクリましたが駄目。そこで最終兵器投入することに。

ジグサビキでどうだ?!

タックルベリーで買っておいたジグサビキ。これは最後の切り札として温存しておこうと思いましたが、朝マズメの時合も残り少なかったことから投入を決意。実は初めてのジグサビキ。これがあればサバでも釣れるかと思いながらシャクってみますが、いくらキャストを重ねても何も釣れません。

ハマチが不在ならタコはどうだ!?

到着から1時間ちょっと頑張ったのですが体力だけを消耗してしまいました。朝マヅメの時間も過ぎてしまい、少し休憩がてらタコでも狙うことに。念の為、ハマチが釣れなかったときの保険としてタコ釣りの準備も用意していたんです。とはいえロッドを岸ジギで使用していた60MLを持ってきてしまい、オクトパッシングには柔らかすぎるものの大丈夫だと言い聞かせ、オクトパスタップをセットし足元周辺を探ってみます。すると早々にモニュ♪

今シーズン初タコでした。

今シーズンはあまりタコ釣りに行かなかったことも有り、これが今季初タコ。サイズは小さいですが嬉しかったですね。ちょっと気が引けましたが、お土産にさせてもらうこととし、ビニール袋に入れてクーラーボックスへ。

これで一息ついたので再びジグサビキをキャストすることに。大勢居た釣り人も朝マヅメが終わって少なくなってきたため、釣座を中央付近に移動。こちらの方が潮通しが良く雰囲気もあります。しかし周囲でサビキ釣りをしている人を見ても何も釣れておらず、護岸付近はベイトの回遊は無いと言えそうです。となれば沖の潮目が狙い目と出来るだけジグサビキを遠投し探っていきますが、やっぱり反応なし。飽きてきたのでタコ狙いに変更すると、これまた早々にモニュ♪

ちょっとだけサイズアップ。

2匹目が釣れました。これできゅうりとタコの酢の物2人前分にはなりそうです。思ったよりもタコが好反応なため、このままタコ狙いで行くかと思った矢先、根掛りしてしまいオクトパスタップをロスト・・・。替えのオクトパスタップも持って来ていなかったため、オクトパッシングは強制終了・・・。

こうなれば開き直ってジグサビキを投げ倒すだけ。キャストしなければ釣れません。とにかく投げていれば釣りの神様が微笑んでくれると信じ、頑張り続けましたが・・・駄目。遂に干潮を迎え潮も動かなくなってしまったため、諦めて撤退を決意。

車に戻り、帰路に就こうとしましたが、このままおめおめと帰るのも嫌だと帰路の途中にある某河川湾奥エリアに寄ってみることに。移動している間に潮も動き出していることに期待し、現地へ車を走らせます。

小一時間後現地に到着。実は初めてのエントリーポイント。どんな雰囲気かと不安と期待を抱きエントリーしましたが、いつもと変わらぬ風景。これならいつも通り護岸沿いをチェックすれば反応があると考え、コアマンVJ-16で探っていきましたが、期待していた上げ潮は効いておらず、殆ど動いていない水にシーバスのテンションも上がる訳もなく。完全ノーバイトで1時間が経過。体力も気力も限界に達し、納竿としました。

釣行を振り返って

「ハマチが釣れる」との情報に踊らされ、ロクに準備もしないまま手持ちのタックルで南港魚釣り園に出撃したものの、タイミング悪くハマチとは出会えませんでした。しかし釣場を見渡していると、ハマチが釣れていたのも確認できていたため、私の実力不足か運が無かったと言うことでしょう。

時期的には終盤を迎えるタコでしたが、ポンポンと2匹釣れました。もう少し丁寧に探り続けられれば数を伸ばせたかもしれませんが、予備のタコエギを忘れるという失態。これまた準備不足でした。

某河川湾奥エリアへの出撃も思いつきで潮周り的にも期待できない状況でしたが、日中に出撃したことで周辺の雰囲気の詳細が掴めたことは大きな収穫でした。またタイミングの良いときに改めてチェックして見る価値はありそうです。

ここ数回の釣行で新規開拓を続けていますが、そろそろ始まる秋のシーズンインのタイミングに役立てることが出来るよう引き続き調査継続し、来たるべき日に備えたいと思います!

こもチック
  • こもチック
  • 大阪在住の会社員。昭和50年代生まれ。釣りと家族を愛するツーブロック。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)