スポンサーリンク

ガシラの煮付けに挑戦。

昨夜(と言うか今朝)釣ったガシラ。
サイズは15センチ程でキープするには微妙なサイズでしたが、これ1匹しか釣れなかったのでご勘弁。
で、小さいので下手に捌くと身が無くなっちゃうので煮付けで頂く事に。
実は今まで魚の煮付けを作った事がなく、今回が初挑戦。
早速釣ってきたガシラを袋から取り出し包丁を入れようとすると・・・生きてる(;^ω^)
釣り上げてから5時間近く経って居るにもかかわらずピチピチしてる。ガシラってこんなに生命力あるんだ・・・と妙に感心。
小さなガシラを煮付けにする場合、エラと内臓を取り、鱗を剥がすだけで下ごしらえは十分なんだろうけど、生きてる状態でエラを外すのが何だか可哀想に思え、ひと思いにと頭を切断(ぇ
その後鱗を取り内臓を取ってこの状態。
ガシラ下ごしらえ完了。
で煮付けに入ります。
その前にググって必要な調味料なんかをチェック。
魚の煮付けって料理酒のアルコールを飛ばして煮付けるんだ・・・知らなかった。
てな訳で家にあった料理酒を60ml程使う事に。
魚の煮付けには料理酒。
料理酒を小鍋に入れ、コンロに掛けアルコールが飛ぶまで沸騰させた後にガシラ投入。
ガシラ投入。
画像だけ見たら揚げ物みたい(;^ω^)
この後、醤油・みりん・砂糖を適当に入れアルミホイルで落とし蓋。
落とし蓋。
途中から引っ繰り返し、煮汁を掛けながら味を行き渡らせて完成。
完成。
正直見た目的には美味しそうには見えない(;^ω^)
味については今晩頂くのでまた後程。
追記。
食べたのでその感想を。
最初口に含んだ際は身もしっかりして美味しく感じました。
が、噛んでいくうちに微妙に臭みが湧いてきたような感じ。
これは以前デッドリリースになりそうだったので持ち帰って食べた湾奥で釣れたシーバスと同じ味。どぶ臭いようなそんな感じ。
今回このガシラを釣ったのも湾奥へと繋がる運河の入り口。ソコに居着いたガシラなら臭いのも納得出来るような・・・。
次回からガシラは外海の分だけキープするようにしよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪