デイスター バーサタイルデバイスを使ってみた感想

coreman Dayster versatile devise CDS90ML-CS/T

5月に購入したコアマンのロッド「 デイスター バーサタイルデバイス CDS90ML-CS/T」の使用インプレを簡単に書いてみたいと思います。コレ、ホント良いロッドですよ。

軽い!高感度!乗りが良くてバレない!

一言で言うとタイトル通りなんですが、補足しつつ使用感を書いていきたいと思います。

まず軽さ。ロッド重量はわずか116g。メチャクチャ軽いです。これまで使っていた型遅れのロッドと比較すると半分程度の重さです。無駄な装飾はなく、グリップ部分のウレタンも最小限。この軽さは湾奥エリアでショートキャストを繰り返す釣りでも長時間の釣行に耐えられそうです。レガリスLT 2500S-XHとのバランスも良い感じ。ロッド重量が軽いので2500番程度の小型リールとの組み合わせがいいと思います。

グリップ部も至ってシンプル

次に感度について。このロッド、ティップ部分がソリッドティップなんで非常に柔らかいです。シンキングペンシルの弱い尻振りアクションでもロッドディップが揺れるほど。そのおかげで小さなバイトもキャッチ出来る感じです。しかしロッド全体で見た場合はそれほど柔らかいという印象はなく、ロッド自体のアクションはミディアムライトの表記になり最大32g、マスターアングラーなら42gまで対応すると公式サイトに記載されています。これはテレスコピックロッドという構造を逆手に取り、バッド部分はしっかりした素材を使用し、しなやかさとパワーを兼ね備えた設計なのだと思われます。先日も70センチ程のボラを釣ってしまったのですが、相手に主導権を与えずサクッと寄せてキャッチ出来たのには感心しました。

コアマンルアーズ全てに対応可能。

またグリップへのウレタンが少ないため、ロッドブランクスを直接握ってるかのように手に伝わる情報量が多く、水中の様子が文字通り手に取るように分かります。潮目を抜けた際や、フックに小さな水草が絡んだ際にも気付きやすく、この感度はそれだけでアドバンテージになり得ると考えます。ただ感度が良すぎてリールの巻き心地が悪くなるとリールから発する振動すら伝わってしまうため、リールのメンテは欠かせないですね。

最後に乗りの良さとバレにくさについて。前述の通りソリッドティップのお陰で非常にロッドティップが柔らかく、バチ抜け時期の弱く吸い込むようなバイトでもフックアップしてくれます。小さなシーバスのコツンとした小さいバイトをも拾ってくれる乗りの良さには感動しました。またテレスコピックロッドながらもロッド全体で綺麗に曲がるため、エラ洗いされた際にも上手く力を吸収しこれまでのロッドと比べて安心感が違います。足元まで寄せてくればバラす心配はないとすら思えるほど。キャッチ率は確実に上がっており、バラしにくさを実感しています。

バラシ激減!

気を付けたい3つのポイント

ここまでこのロッドの良さを書いてきましたが、これまでの使用で気になったところを書いてみます。購入を検討されてる方の参考になれば幸いです。

ガイド径が小さい

最近のロッドによく見られる小径ガイドですが、このロッドは特に小さいような気がします。トップガイドは特に小さいいため、リーダーとの結び目をガイドの外に出してキャストしなければガイドを破損させる可能性があると購入時に教えていただきました。結び目が小さくなるノットで結束するか、リーダーを短くして対応するしかないと考えます。

ガイド径は小さめ。

ちなみにワタシはリーダーの長さは60センチ程度、リーダーとの結束はビミニツイストによるダブルラインからTRノットで接続してます。結び目が比較的小さく強度も確保出来るので個人的にオススメです。

キャスト時のクセ

ソリッドティップロッド特有のクセがあるように感じます。ソリッドティップではないロッドと比べるとキャスト時に少し違和感を覚えると思いますが、これはティップが柔らかいのでラインのリリースポイントが変わってしまうためです。慣れてしまえば問題ないのですが、ロッドを使い分けする際には油断してると暴投しちゃうかもしれませんのでご注意を。

またキャスト時も速すぎる振り抜きは禁物です。パシッと音が鳴るような速い振り抜きはソリッドティップロッドでは折れる可能性もあるので、垂らしを多めに取り、遠心力を利用した優しいキャストが飛距離とコントロールを両立させるコツかと思います。

ロッドの伸縮時

テレスコピックロッドなのでロッドを伸ばして使用し、縮めて収納することが出来るのがメリットなのですが、この力加減が難しいと思いました。伸ばす時も緩ければガイドがズレてしまいますし、逆に伸ばし過ぎてしまうと縮まらないといった事にもなりかねず、実際先日の雨の中の釣行の際に縮まらなくなりました。これはロッドが濡れてしまったことが原因なのですが、無理して縮めようとするとガイドを痛めることになるため注意が必要です。

以上、ワタシがしばらく使ってみた使用感について書いてみましたが、本当に良いロッドだと思います。定価で40000円とちょっとお高いですが、奮発した甲斐がありました。今後もデイスターを相棒に大阪湾奥でシーバスをガンガン釣っていきたいと思います♪

飾りはいらない。そして、言葉もいらない。
こもチック
  • こもチック
  • 大阪在住の会社員。昭和50年代生まれ。釣りと家族を愛するツーブロック。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)