スポンサーリンク

【釣行記】朝マズメはアカキン!【大阪南港】

7月9日の大阪南港某岸壁でのシーバス釣行記。

4時半頃に現地到着。
いそいそと準備を始め、釣り始めることには日も上り始め綺麗な朝焼けを拝む事が出来ました。

幻想的な風景でした

この日は9時頃までの釣行予定だったので、サクッと釣っておきたいとコアマンのVJ–16をセット。合わせるアルカリシャッドは朝マヅメに強いアカキンをチョイス。

いつも通り足元の岸壁際や、やや沖目を岸壁と平行にキャストし表層から順にレンジを下げつつチェックしていきますが、反応なし。少し移動してはキャスト、反応が無ければまた少し移動と繰り返します。
岸壁の先端部にはサビキ釣りの方々が数名いましたが、この日は不発気味で豆アジしか釣れないとの事で帰り支度をされていました。その後にスルッと入り込み、潮通しのいいポイントを確保。

この日は大潮。時間帯的に6時半ごろに満潮を迎えるかたち。段々と潮が緩んで来るのが分かりますが、時折潮通しが効いてくるのかハッキリと潮目が形成されるタイミングがあります。
その潮目にVJ–16をキャストし、数秒沈めてからのミディアムリトリーブで変化をつけずタダ巻きしてたらガツンと待望のバイト♪
久々の強目のバイトでちょっとビックリしましたが無事フックアップしたようで、緩めにセットしてたドラグが鳴り響きます。手応え的にはそれ程大きい個体ではないと判断し、ドラグを少し締め、ファイトを楽しみます。それでも結構なファイターでドラグを出せされる事数回、しばらく楽しませてもらった後に無事ネットイン。

VJ-16最強です

狙い通りの一匹に大満足♪
やっぱり朝マズメはアカキン最強ですね。
サイズは45cm程でしたが、お腹周りも太くコンディションは抜群。

45cm位?目玉が・・・

リリース予定でしたが、フックがネットに絡み外すのに時間が掛かってしまったのと、リアフックが目に刺さってしまい画像の通り目玉が飛び出してしまったこともあり、弱りきってしまったため、責任を持ってキープすることに。このシーバス君には申し訳ないのですが、美味しくいただいて成仏してもらうことにしました。

その後も同じように潮目を狙っていきますが、満潮を迎え潮が完全に緩んでしまい、シーバスの反応もなくなり辺りにはボラが目立ち始めました。どうやら時合は過ぎてしまったようです。
ここで下げ潮が効き始めるまでオクトパッシングを楽しむことに。
オクトパッシングの詳細は別記事にて書きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪