スポンサーリンク

【貝塚】タチウオのちシーバスのつもりが…

昨日は前回の記事の予告通り、釣りに行ってきました。
当初、何処に釣りに行くか悩んでましたが、フィッシングマックスの釣果報告を見てると、貝塚タチウオ周辺でタチウオや好調との事から、夜明けまでは貝塚周辺でタチウオを狙い、日が昇ってからは大津川でシーバスをと考え、現地に向かいました。
最初に向かったのは岸和田のホクシン裏。
5時前には釣り始めましたが、平日にもかかわらず結構な人。みんなタチウオ狙い。灯台付近はウキ釣りで7人ほど、テトラではワインドの方が数名。
私も最初はワインドでタチウオ狙い。
ドリフトシャッドにケミホタルを仕込みキャストを続けますが反応は皆無。
釣り始めのタイミングが干潮潮止まり辺りで潮の効きも良くない。ボトムから順にレンジを変えて探るもバイトも無し。周りも釣れている様子はない。
1時間ちょっと経つと段々と明るくなってきたので、ワインドからメタルジグへと変更。前日に買ったメジャークラフトのジグパラ30g
キャストを始めて10分程。
着水からボトムをとって最初のシャクリでヒット♪
そのままアワセを入れようした矢先にラインブレイク!よく見たらリールのラインローラーにラインが食い込んだようで、リールのすぐ近くから切れてしまいました。巻き替えたばかりのPEだったのに、これで長さは半分の70m程に。コレは痛い(´・ω・`)
泣く泣くラインシステムを組み直し、別のメタルジグをセットし同じようにボトム中心にシャクっていくも、反応が得られず。
ラインブレイクしたため、フルキャストしたらラインが無くなりそう…

あぁ替えスプールが欲しい(´・ω・`)
このままここで続けてもダメだろうと見切りを付け、移動をすることに。
移動したのは貝塚人工島。
こちらも平日の割に人が多い。
とりあえずテトラに陣取ります。水面に目を向けると、カナリのベイトが入ってきているようで、水面直下を大群で泳いでおり期待大!

ボイルしている様子は確認出来ませんでしたが、このベイトに付いているであろうシーバスに狙いを定め、コアマンのVJ-16にルアーチェンジ。
レンジやキャストする方向を変えたりするも不発。
ルアーもBC-26やメタルバイブなども試してみるも何の反応も得られず。
他の釣り人に話を聞いてみるも、「エソしか釣れない」との話。
そこで再びメタルジグセットし、ショアジギング開始。しばらくしてボトムをとってシャクリ上げてくると、フォール中にバイト♪
しかし伝わる感覚から小さい魚だと確信。手元に寄ってきたのは20センチほどのサバでした。ピックアップ時にポロリとオートリリースとなり写真は撮れず。
更にしばらくして同じようにボトム付近からのシャクリでヒット♪
あまり引かないので青物じゃないなと思いながら寄せてくると…

つぶらな瞳のエソちゃん(;^ω^)
その後テトラを移動しながらベイトの群れを追いかけ色々キャストするも、シーバスさんはお留守な様子。
テトラ帯を諦め、南側のベランダに移動。
サビキ釣りの人が数人居たが大して釣れていない。
岸沿いをVJ-16でテクトロするも不発。
南東の角まで来て沖向きにキャスト。
するとピックアップ寸前に良いサイズのシーバスのチェイスを確認。60cm超えか?
リトリーブコースを少し変え、チェイスのあった場所を通すと今度は喰いそうな勢いでくるも直前で反転(´Д` )
ここでアルカリシャッドの色を変えて更に同じ場所を引いてくるも、反応が低下。BC-26も試すも完全にスレてしまったようでチェイスも無くなってしまった…残念(´・ω・`)
時間ももう10時前。
最後にメタルジグぶん投げて帰ろうと思いキャスト。
またしてもボトム付近で喰ってきましたが…

エソちゃん。
癒されたところで納竿としました。
結局大津川に行くのは忘れちゃってました…(;^ω^)
全体的に厳しかった今回の釣行。
この日のフィッシングマックスの釣果報告も、この時間帯は何も無かったので本当に釣れてなかったのでしょう。単純に調査されてないだけかもしれませんが。
あまり期待しすぎるのもダメですね。
ちゃんと本命のシーバスを追い求めないと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪