スポンサーリンク

【釣行記】遠征は不発!真夏のデイゲームで大苦戦した話

無謀にも真夏の真っ昼間に行ってきましたが、予想通り非常に厳しい結果となりました。
7月29日の釣行記です。

今回のフィールドはいつもの南港から足を伸ばして岸和田港周辺からスタート。
現地到着はちょうど12時。本当に暑い。これが無いと無理です。

シュッと吹き付けて快適です♪

過去記事でも紹介したシャツクール。服の上からスプレーして涼をとる優れもの。
以下のリンクにて詳細を書いておりますので、ご覧頂ければ幸いです。
暑い夏のデイゲームも快適に過ごせる魔法の一品はコレだ!

ポイントには先行者が数名いましたが、帰り支度をされていたので、その後に入らせてもらい早速いつものオクトパスタップをキャスト。すると1投目からモニュ♪

やっぱり居ました♪

実績にある場所だったので確信的な1匹でした(*´∀`*)
しかしこの1匹を釣った後は沈黙。いつもであればしばらくすると別のタコが入ってくるんですが、この日は違ったようでポイントを休ませてもタコは入ってきません。そうこうしてると小さなベイトの群れが確認出来ました。これはシーバスのチャンス到来?!

時折ベイトの回遊はあるものの・・・

何度もベイトの群れは回ってくるもののシーバスさんはお留守なようで。
コアマンパワーショップで限定発売されているVJ-16マスオさんカラーでも駄目でした(´・ω・`)

VJ-16マスオさんカラーでも不発・・・

結局タコとシーバスを交互に狙うもノーバイト。2時間経過したため移動することに。
幸先の良いスタートとは裏腹に厳しくなりそうな雰囲気です。

次のポイントは適当に車を走らせて辿り着いた汐見埠頭の砂揚場。
初めて来たので様子見がてらオクトパスタップをキャストし探っていきますが、反応なし。
10分程で移動。お腹も空いたので遅い昼食に。

ドライゼロで気合注入!

リフレッシュ出来たのでもうひと頑張りですが、時間的な都合もあって次の場所は堺浜へ様子見に行くことに。どうせ釣れない時間帯ですから調査と割り切って行ったことのない場所をあえて選びました。
堺浜の場所はGoogle mapを見て頂ければ分かるかと思いますが、堺浜海とのふれあい広場の中にある海釣りテラスで釣りが可能です。

対岸にはいつもの南港かもめ大橋が見えます。
大和川最河口に位置するこの場所、他の方の情報ではオクトパッシングでの実績はあるようですが、果たして!?

堺浜から見えるかもめ大橋。

釣り場にはオクトパッシングをされている方が5名程居ましたが、聞いてみたところ釣れていないとの事。
不安を覚えながらもキャストしていきます。岸際はシャローで水深2mほどの浅さですが、カナリの濁りが入っていてオレンジのオクトパスタップですら視認できません。遠投してカケアガリのハードボトムを中心に探っていくものの、タコが触ったかのような感触は数回感じるものの、フックアップには至らず。乗った!と思ったらコイツでした。

タコエギが釣れました(;^ω^)

手入れすればまだ使えるかも?なんか得した気分です。
しかし肝心のタコは釣れません。他の方の様子を探っていると、数匹釣られていた方もいたので、場所的な問題か探り方の問題か判りませんが私には釣れません(´・ω・`)
結局18時まで頑張りましたが駄目でした。ここで納竿です。

今回の釣行は炎天下での釣行で最初の1匹のみという非常に厳しい展開でした。
いつもと違う場所に行ったのも敗因のひとつかもしれませんが、暑い時間帯での釣行だったのも一因でしょう。この時期は海水温度も上昇し、海水中の酸素濃度も低下してしまいます。そうなるとシーバスやタコの活性も下がってしまいます。今回のポイントはいずれも比較的水深が浅く、水の流れもあまり良い場所ではなかったため、次の釣行では水深のあるポイントを探ってみたいと思います。

釣れない時に振り返って次の釣果に繋げることが重要ですね。
次回釣行でしっかり釣果が出せるよう頑張りたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪