釣ってきたタチウオをムニエルにしたら

昨夜の釣行で釣ってきたタチウオ。
昨夜帰宅後すぐに頭を落とし、内臓を出して下処理だけしておき、キッチンペーパーに包んでラップして冷蔵庫のチルド室にて保管。
慣れてくると1匹の下処理は5分程度で終わります。そこから刺身にする場合は更に20分は必要ですが、それ以外の調理は内臓を出して適当な大きさに切る程度で十分。
今回は平日ってこともあり、調理は嫁さんにお願いしてムニエルにして貰いました。

下処理したタチウオの切り身に塩コショウを振りかけ、小麦粉をまぶし焼くだけ。
仕上げにバターで作ったソースを掛けて完成です。
パリッとした皮目とフワフワな身のバランスが絶妙で美味♪
タチウオは小骨が多くて食べるのにコツが要りますが、慣れてくると苦労なく食べれるので我が家では定番料理になりつつあります。
刺身も美味しいですが、たまにはムニエルもオススメです(^3^)

こもチック
  • こもチック
  • 大阪在住の会社員。昭和50年代生まれ。釣りと家族を愛するツーブロック。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)