スポンサーリンク

大阪南港で釣ったサバの唐揚げと竜田揚げ

昨日釣ってきた20cm程のサバ。

実家にお裾分けしたので6匹になりました。
見た目にも非常に綺麗で美味しそうですが、流石にサバは刺身で食べるのは怖いので別の調理方法で食べる事に。
クックパッドで「サバ」と検索し、レシピを見てますと、サバ料理で人気なのは味噌煮や唐揚げなようで。変わり種ではアクアパッツァやアヒージョなどの洋風アレンジも見掛けました。
で、調理担当の嫁さんと相談した結果、家にある材料でもできるとの事から唐揚げと竜田揚げに決定。
取り急ぎサバをさばきます。
さばくのは私の担当。
まず体表のヌメリをナイロンたわしで擦りながら洗い流します。しっぽの方に尖ったヒレがあるので要注意。私は手の平に刺さりました…
その後は頭を落とし、三枚おろしに。
色々試しましたが、背中から開いて腹骨も一気に削いでしまうのが手っ取り早く簡単でした。
今回は揚げちゃうので横骨は抜かずにそのままにします。
三枚おろしになった身は半分にカットし、キッチンペーパーの上に並べて余計な水分を取りました。
ここからは嫁さんにバトンタッチ。
竜田揚げにする分は、醤油と生姜を入れたつけダレに切り身を入れ揉み込み下味をつけて片栗粉をまぶして揚げます。
唐揚げについてはお手軽に日清製粉の唐揚げ粉を使用。これが簡単で美味いんですよね♪
で出来上がったのがこちら。

手前が唐揚げ。奥の白っぽいのが竜田揚げです。
マヨラーな私はマヨネーズにスダチを絞ったのをつけて食べました。
小サバとは違い身が厚いのでフワフワ感があり美味しい(*´ω`*)
しかし何もつけずに食べると、若干ではあるものの湾奥で釣れた魚特有の石油っぽい臭みが感じられました。下処理をちゃんとしてなかったからでしょうか。ただ気にしながら食べると分かるレベルで、子供たちは気にならなかったようです。
次にサバが釣れた際には下処理もキッチリしてから調理してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪