スポンサーリンク

【釣行記】南港でタチウオ狙うも結局は…【大阪】

10月23日早朝の大阪・南港でのタチウオ釣行記です。
先に投稿した【釣行記】2016年10月22日天保山で大苦戦してきました【大阪】の続きとなりますので、コチラも併せてお読みいただければ幸い。
さて天保山からの移動で南港に到着したのが6時頃。
もう明るくなり始めており、タチウオ狙いの人も帰り始める時間帯。
とはいえ流石に良いポイントにはまだ人が残っていたので、少し離れた場所に車を止め、沖の潮目に向けてコアマンのVJ-16 をキャストし始めます。
潮の効きは下げ止まり手前のため弱くなって来てますが、ベイトの気配は多く、時折カタクチイワシの大群が足元を回遊していました。
沖目にもカタクチイワシが居るのか、時折ボイルが単発で発生しますが、そこを目掛けてキャストするも反応無し。
足元の護岸沿いにキャストし、シーバスも狙いますが、こちらもまた無反応。
人もまだまだ多く、足元狙いは早々に諦めることに。
周りでもこの時間帯はタチウオは釣れていないようで、1匹釣れたのは確認出来ましたが、それ以外はダメな様子。
そうこうしてると潮通しの良い岸壁先端部に少しスペースが出来ていたので、お邪魔させてもらい沖目にキャスト。
表層をやや早めのリトリーブで引いてくると手前10m程の距離でガツン♪
上がってきたのは…

安定のサバさん(´Д` )
とりあえずリリースし、タチウオとサゴシにわずかな期待を込めてキャストを再開。
コアマンチャンネルで見たマイワシパターンの高速リーリングをイメージし、早巻きするも、追っかけてくるのはサバばかり。
サバも青物。泳ぐスピードはなかなか早いです。
高速リーリングから一瞬手を止めて誘うと、その瞬間にガツンと当たってきます。
これで釣れてくるサバが20cmを超える結構大きなサイズだったので、キープする事に。その後も同じように高速リーリングからの誘いで数匹釣り、3匹をキープして8時に納竿としました。
タチウオ狙いと言いながら到着したのが6時と遅過ぎましたね…
常連さんに話を聞くと、時合いは5時頃で多い人で10匹の釣果が上がってました。
南港のタチウオも上向きになりました。
皆さんもどうです?(*´ω`*)
持ち帰ったサバは帰宅後しめ鯖にしてみました。
その調理方法などはまた後日。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪