スポンサーリンク

【釣行記】南港で撃沈してきた話ですが【大阪】

昨晩は南港エリアへ。
今日の朝から予定が入っていたので朝マヅメが狙えず、昨日の仕事から帰宅し晩飯を食べたらイソイソと支度をして出発。到着したのは22時半を過ぎた頃でした。
まずはフェリーターミナル付近から。
川筋に出来た明暗や流れのヨレをVJ-16 で狙っていきます。
早めの表層リトリーブからスローなボトム攻めも試しましたが、反応は無し。
時折ベイトの気配は感じられるものの、慌ただしい様子ではなく、そこにシーバスは居ない様子。
少し場所を移動し、橋の下の明暗や流れの変化を狙っていきますが、ここも同じような感じ。生命感は無いわけではないが、バイトは無い。
1時間半ほどルアーを変えながら探ってみたものの駄目だったので移動を決意。
次の場所は更に海寄りの場所になるため、この時期はタチウオ狙いの方が多く、案の定、多くの方が居ました。

幸いにもピンポイントで空いてる場所があったので、すかさず確保。
VJ-16 で明暗部を狙いますが、その先に出来てる潮のヨレには届かず、反応はイマイチ。
足元の護岸沿いも狙いますが、駄目。
ここでシーバスは諦めてお土産用のタチウオを狙います。
アルカリシャッドにダイソーのケミカルライトを仕込みキャスト。様々なレンジを狙います。
周りのウキ釣りの様子を見ていると、ウキの流れも弱く、反応も無し。潮の動きが良くないようでタチウオの活性も悪そう。
スローなタダ巻きだけでは反応が得られなかったので、ロッドをシャクって誘いをかけたり、フォールでの反応も試すものの駄目。2回ほどショートバイトがあったものの乗らず、結局ボウズでした(・ω・`)
今回の敗因はエリアと時間の選択ミスでしょうね。
やはり良いタイミングで良い場所に行かないと釣果には繋がらないのを改めて実感しました。
次は時間を見計らった上で狙いたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪