スポンサーリンク

【釣行記】天保山からエクストリーム出社してきた話

エクストリーム出社とは早朝からアクティビティをこなした後に定刻までに出社するという定義の元に行われるスポーツ。
その定義通り、今回は平日の出社前に天保山エリアへ出撃してきた話です。

今週末は会社の日帰り慰安旅行があるため、釣りに行くことが困難だったこともあり、最近好調な大阪湾奥エリアが気になった事もあって11月9日に急遽釣りに行くことを決意。折角なので終業後だけでなく、出勤前にも釣りに行こうと考え、今回のタイトル通りエクストリーム出社を行ってきたという運びです。

ベイトは何処へ!?

出勤前ということもあり、ポイントは比較的会社から近い天保山エリアに決定。
つい先日もベイトが入っていてシーバスもよく釣れていたとの話を聞いていたこともあり、少し期待しながら現地へ向かいます。
実釣開始は5時。7時までの2時間勝負です。

先発ルアーは安定のコアマンVJ-16。今一番信頼しているルアーです。
これを足元の護岸沿いにキャストし、際に追い詰めらたベイトを演出します。
すると数投後のピックアップ時に下から突き上げるように大きな口を開けたシーバスが飛び出してきましたが、食う直前でVJ-16は水面を割り、バイトに至らず。結構大きな魚影が確認できただけに残念でしたが、このエリアにシーバスが居ることは確認出来ました。

その後、アルカリシャッドのカラーを数回変え、キャストコースにも変化を付けてみるも反応なし。
少し歩いて移動し、沖向きにキャスト。ベイトの存在をカーブフォールで確認しますが、ロッドに伝わる感覚からベイトは居ないと判断。しばらくキャストを続けますが、その後明確なバイトを得られないまま時間が経過。7時を前に移動する事に。

車に戻ると時間は7時。そろそろ会社に移動を始めないと遅刻する時間です。
ただこのまま出社するのは面白くない。
そこで会社に移動する途中のポイントで最後の望みをかけて短時間勝負に挑みます。

ワンチャンあるか!?ドラマ魚を求めて移動

到着したポイントは湾奥エリア。ここは過去の経験から係留船の際を攻めるのがセオリー。逆に言えばそれ以外のストラクチャーに乏しく、ベイトの存在が重要なポイントとも言えます。
ルアーはVJ-16よりアピール力の高いVJ-22をチョイス。係留船と岸壁の狭い隙間に落とし、ラインを送り込んだ後にテクトロで誘います。

着底後すぐにロッドを煽ってからテクトロし、数歩歩いたところでコンとロッドティップが入ります。
すぐさまロッドを立て対応。しっかり喰ってくれたようでグングンとロッドがしなります。しかし係留船が風により岸壁側に寄せられて隙間が狭くなってしまいました・・・正にピンチ!!
しかし神様は味方してくれたようで、10秒程で風は収まり、係留船も元の位置に戻り、隙間が出来ました。今がチャンスと一気に浮かせ、そのままぶっこ抜き!
ガッツリVJ-22を食い込んでいたため、バレずに抜き上げられました。

フック2つとも口の中に掛かってます。

サイズは50センチちょうど。

カッコいい魚体。

やっぱり係留船の際に居ました。
時間ギリギリで狙い通り釣れたので本当に嬉しかったですね。
この写真を見ればその嬉しさは伝わるかと思います(;^ω^)

ドヤ顔スイマセン。

係留船との隙間はこれだけしかありませんでした。もう少し大きなシーバスだったら抜き上げることは出来なかったと思います。我ながら無茶をしたなと思います(;^ω^)

隙間は50センチほど。こんなところにも居ます。

今回は色んな要素が重なり何とかキャッチ出来ました。
思っていたよりもベイトが少なく苦戦したものの、セオリー通りに岸壁際を狙うことでキャッチに繋がったと思っております。
この1匹でこの日の仕事は朝から機嫌良く頑張ることが出来ました。
エクストリーム出社もなかなか良いかもしれませんね♪

この日の終業後にも釣りに行ってますが、その釣行記についてはまた次の機会に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪