スポンサーリンク

【釣行記】北西風でチャンス到来か!?

記事にするのが遅くなりましたが、11月15日の大阪湾奥釣行記です。
この日は長時間の釣行となりましたので、数回に分けての投稿となります。
まずは第1段ということで。

北西風の恵み?

前回の釣行では手持ちのルアーがマッチしていなかったがために苦い思いをしましたが、その後すぐにTポート南港店へ買いに行きました。

シリコンバイブ銀粉。

ダイワ シリコンバイブ銀粉。58Sと80Sをひとつずつ。セール中だったのか1つ780円という安さで飛びついた次第。前回の釣行ではシルエットの小さいバイブレーションの早巻きがヒットパターンだったので、コレで良いやと。後にこのルアーを買い足すことになるとはこの時は想像すらしてませんでした。

で釣行当日。平日ですので普段通り仕事をこなし、終業後の18時過ぎからのエントリー。
最初に着いたポイントは前回の釣行で行った場所とは異なる場所ですが、当日は北西からの風が強く、もしかしたらベイトが流されてきているかも?と思って確認がてら寄ってみた次第。
ポイントに入り、水面を確認すると予想通り常夜灯が絡む岸壁の角にはカタクチイワシがビッシリ!よく見るとボイルもしています。期待十分です♪

ルアーは買ってきたばかりのシリコンバイブ58Sをチョイス。
ボイルが起きているカタクチイワシの群れの中にキャスト。早巻きで誘いますが、バイトは無くカタクチイワシが引っかかってくるのみ。

ゴメン。そんなつもりじゃなかったんだ。

ボイルは依然として続きますが、ルアーへの反応がありません。

ここで一旦このボイルを見切り、北西に面する岸壁沿いをテクトロで探ることに。
足元にチョイ投げし、少し早歩きでのテクトロを始めると開始早々にクン!とロッドティップが入ります。
軽くロッドを煽って反応するとフックアップしてくれたようで、更にロッドティップが入りこみます。足元は岸壁がえぐれているので、潜り込まれないようにロッドワークで引きずり出し、こちらのペースに持っていきます。幸いシーバスのサイズもそう大きくなかったので、難なく浮かせることが出来、無事ネットイン。

シーバスゲットだぜ♪

買ってきたばかりのシリコンバイブ58Sが良い仕事してくれました♪

新品は刺さりがイイですね。

早速メジャーで計測。50センチでした。

ナイスプロポーション。

開始早々にキャッチできて一安心。
しかしボイルしている場所ではなく、少し外れた岸壁沿いで釣れたのは少し意外。ただボイルしてたのがシーバスではなくタチウオだった可能性も否めず、その後もしばらくボイル打ちを試みたものの、結局食わせられなかったため結論は分からず。まぁ釣れたからイイか。

当初の狙い通り、北西風が当たる常夜灯が絡んだ岸壁にカタクチイワシが打ち寄せられ、そのお陰かシーバスを釣ることが出来ました。ただ単発だったのでボイルしていたのはシーバスではない可能性が高そうですが、自分で予想した結果が結びついたと思うと嬉しいもんです♪
この場所はこの1匹で釣果を確認出来たので、早々に移動し、前回の釣行で苦戦した大阪湾奥某河川へ移動。

その釣行記については長くなってきたので別の記事にて。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪