スポンサーリンク

ナイトゲームもコアマンだ!PB-13がヤバイ!

週末の天候が危ぶまれていたため、平日ながらも急遽出撃した4月5日の釣行記です。
仕事が終わってからの短時間釣行ですが、マイクロベイトパターンで丁寧に探り結果につなげることが出来ました。

本来であれば定時で仕事を終え、すぐにでも釣りしたかったのですが残業となり現地到着は19時頃。場所はここ数回の釣行で絶好調な大阪湾奥某河川。夕マズメのタイミングを過ぎ、潮周り的にも上げ4分程と出遅れ感がある中、急いで準備を整えます。

潮の流れのヨレを狙い撃ち!

先発ルアーは個人的に絶大な信頼をおいているコアマンVJ-16。短時間釣行の際はコレでサクッと釣ってしまおうという事で最初から全力で挑みます。まずは足元の護岸沿い。今の季節はマイクロベイトを意識し、ロッドを立てて表層を出来るだけスローに引いて誘います。護岸沿いでの反応はなく、護岸から少し離れた場所にあるブレイクを意識し、表層から徐々にレンジを下げ、中層、底層と探っていきますが、これまた反応はありません。

そこで小移動し、前回の釣行でも釣果が出たストラクチャー付近を狙うことに。
潮の流れがストラクチャーに絡み、ヨレが出来るその先にVJ-16をキャスト。表層よりやや下のレンジをスローに、そして一定のスピードでリトリーブ。流れのヨレに差し掛かるとほぼ同時にコン!やっぱり居ました。

VJ-16は最早エサ。

狙い通りの結果。流れのヨレが今の時期のキモですね。
そこに確信的ルアーを通せば結果は付いてきます。
アルカリシャッドのカラーはキビナゴイワシでした。
サイズは50cmとまずまず。

コンディションの良い個体でした。

今回は帰宅して捌く時間が取れないのでリリースし、次に備えます。
引き続きVJ-16を流れのヨレにレンジを変えつつ通していきますが、続く反応が得られません。
立ち位置を変えつつ、シーバスに見切られないようキャストを繰り返しますが駄目。
そこで先日購入したコアマンの新作ルアー、パワーブレード PB-13を投入することに。

スイムテストを兼ねつつ、常夜灯付近であればブレードの効果も期待できるかな?と考え常夜灯が照らす辺りにキャスト。実際どれくらいスローに巻けるかを確認してみます。PB-20と比較し、ウエイトが軽いだけスローに巻けるのは当然ですが、思った以上にスローに巻けます。感覚的にはミニカリを使用している時と変わらないほど。ミニカリはウエイトこそ軽いものの素材的に浮き上がりやすいため、レンジキープが難しいのですが、PB-13はブレードがあるため浮き上がりにくく、レンジキープもしやすくスローに巻けます。それでいてウエイトもあるため飛距離も稼げるため、マイクロベイトパターンには有効な印象でした。

常夜灯周辺でしばらくキャストし、その動きを確かめることが出来たので、今度は比較的水深が浅く、潮通しの良いエリアへキャスト。ミニカリでは届かず、VJ-16ではスローに誘えない場所ですが、PB-13では前述の通りスローに誘えます。これはイケる、そう思った瞬間、ロッドティップが絞り込まれ、重量感が手元に伝わります。そのままスイープにロッドを煽り、フッキング!更に手元に重量感が伝わり、ドラグ音が鳴り響きます。近くにあるストラクチャーに巻き込まれないよう、逃げ惑う魚の向きを変え、足元まで寄せ無事キャッチ成功。

初登板ですぐに結果が出ました。

シャローエリアでスローに誘えるアドバンテージが発揮され、VJ-16では喰わせることが出来なかった魚を喰わせることが出来ました。PB-13、ヤバイですね。

55cm。

サイズはこの日最大の55cm。サイズ以上に嬉しい1匹でした。

ドヤ顔スイマセン。

ミニカリのカラーチェンジで連発!

リリース後、場を休ませるためtwitterで状況報告し数分後にキャスト再開。
しかし後が続きません。
水面を見ると徐々に潮効きが良くなってきているようで、ベイトがモゾモゾ動く気配が増えてきました。
そこでPB-13からミニカリに変更。出来るだけ遠くにキャストし、少し沈めてからデッドスローで巻きつつ、時折ロッドワークで誘います。誘いはロッドティップが少し振れる程度の小さな誘い。マイクロベイトの逃げる泳ぎを再現します。
数回のキャストでリトリーブ中にふと違和感を感じました。僅かに重くなったその瞬間にロッドを煽りフッキング!

シーバスのヤラれた感。

小さなバイトを掛けていく感じ。最高に楽しいですね♪

48cm。

このシーバスをリリース後、改めて場所を休めます。反応のある場所がピンポイントなので、少しでも場を休ませ、シーバスをスレさせないようにします。5分後にキャストを再開すると、すぐにバイトがありましたが、喰いが浅かったのかミニカリがズレただけでした。

喰いが浅い証拠。

そこでカラーチェンジ。マスオシラスから沖堤イワシに変更します。すると答えは直ぐに出ました。

カラーチェンジ成功♪

カラーチェンジの重要性を改めて実感できました。
サイズは45センチと少しサイズダウン。
ジグヘッドは月下美人3gでしたが、しっかりフッキングしており、問題ありませんでした。

また5分程場を休ませ、キャストを再開しますが、数回のバイトらしき違和感があったものの、フックアップには至らず。そこで今度はミニカリシャッドを投入。ピンテールからシャッドテールに変わることで生まれる波動に期待します。
その期待通り数投後にヒット♪

更にサイズダウン・・・

30センチちょいの可愛いサイズでしたが、期待に応えてくれました。
ただこの魚を最後にバイトが途絶え、生命感も無くなったため、21時30分に納竿としました。

釣行を振り返って

19時から2時間半の短時間ながら、5匹キャッチすることが出来ました。これは過去数回の釣果から絞り込まれたポイントとルアーの成果ですが、新たに投入したPB-13での釣果が個人的には一番の成果だったと思います。コアマンの泉氏もブログ等で仰ってましたが、本当にヤバイルアーです。今度は朝マズメやデイゲームで使用してみたいですね。ナイトゲームでも結果が出ましたが、デイゲームの方がより効果的でしょう。パワーブレード PB-13。追加購入決定です♪

このサイズ。マイクロベイトパターンにドンピシャ!