スポンサーリンク

今季初タコを南港エリアでゲットしてきた話

少し前の話ですが6月17日の釣行記です。
日曜日ながら仕事だったため、せめてもと仕事の前後に釣りに行ってきました。いずれも短時間勝負でしたが、それなりに楽しめましたもののツメが甘いと実感。今回はそんな話です。

朝マヅメの南港エリアでシーバス&タコ

まずは仕事前の朝マヅメ釣行。
職場から程近い南港エリア某所に行ってきました。通いなれた場所で今の時期はシーバスも釣れますがタコも釣れ始める時期。そのため、両方のタックルを準備し挑みました。

現地到着は5時前。出勤時間を考えると実釣時間は2時間ほど。
とりあえず朝マズメの一番いい時間帯はシーバス釣りに費やすことに。
この場所ではテクトロでの実績が高いため、いつものコアマンVJ-16をセットしスタート。足元の護岸沿いにショートキャストしテクトロ開始。表層から狙うべく、やや早めに歩みを進めます。岸壁を端から端までテクトロでチェックしてみましたが反応なし。そこで折返しのタイミングで少しレンジを入れ、中層を探ることに。数秒沈めた上でロッドティップにプルプルと伝わるギリギリの速度で歩いていきますが、これにも反応はありません。

ここでルアーチェンジ。今度はIP-13をセット。小さいシルエットながら強い波動とフラッシングでシーバスを誘います。これまた護岸沿いにショートキャストし、やや早めのリトリーブで誘います。小移動を重ねつつキャストしていくとコン!と軽めの衝撃を感じたのでロッドを立てて反応を見ると、何かが引っ掛かったような感覚を覚えましたが、わずかに生命反応を感じます。よく見れば引っ掛かっているのはゴミではなくシーバスでした。

30センチくらいかな?

このサイズでもちゃんとフックアップしキャッチ出来たのは少し嬉しいですね。
よく見ると丸々と太っていてベイトをしっかり食べているような感じが伺えます。
また大きくなってから再開できることを願いつつリリース。次のシーバスを狙っていきます。

しかし同じように岸際を打っていくも続く反応は無し。
徐々に日も高くなり、水面の様子も伺えるようになってきました。よく見ると表層に小さなベイトが多数確認できます。やや小さめのイナッコでしょうか。岸際を沿うよう泳いでいます。これに合わせるべくPB-13やPB-20とブレードベイトを使ってフラッシングと波動で誘いますが、これにも反応がありません。
岸際から潮目に狙いを変え、流れのヨレにPB-13を送り込み、出来るだけスローに巻いてきますが、これにも反応なし。様々な方向にキャストしますが駄目。シーバスは居ないようです(^_^;)

残り時間は45分を切ったため、シーバス狙いからタコ狙いに切り替えることに。
昨シーズンでも大活躍してくれたオクトパスタップ3.5号をセット。実績のあるポイントへキャストします。ボトムまで沈め、底を取りつつ小さめのアクションで誘います。特に硬い感触が伝わってくる場所では念入りに誘いを掛けます。するとモニュっと特有の手応えを感じたため、ラインスラッグを巻き取って鬼フッキング!

今季初タコゲット♪

しっかりオクトパスタップを抱えています。この時期にしては大きめサイズです。
良型ゲットでゴキゲンです♪

ドヤ顔スイマセン

このタコを釣り上げた後は1度だけアタリっぽい感触があったもののキャッチすることは出来ず。ここで朝マズメ釣行は終了とし仕事に向かいました。

ショートバイトに苦戦!バラシまくり・・・

就業後はいつもの大阪湾奥某河川へ。
17時過ぎにエントリーし、サクッと釣って帰ろうとコアマンVJ-16をセット。
岸壁沿いをテクトロで探りますが、反応なし。簡単には釣れませんね。

今度はストラクチャーが絡むエリアへ。岸壁とストラクチャーとの隙間にVJ-16をキャストし、巻き始めるとゴン!とバイトがあり、ロッドティップが引き込まれます。抵抗するべくロッドを立てますが、ストラクチャーに近すぎてロッドを動かせる範囲に限りがあり、思うようにファイト出来ません。少しドラグを締め込み、強引にオープンエリアへ引きずり出そうと試みますが、このタイミングでシーバスは急浮上しエラ洗い。あえなくバラしてしまいました・・・ロッドワークが成約される場所での無理は禁物ですね(´・ω・`)

その後同じ場所での反応も無いため、潮通しの良いシャローエリアへ小移動。
ルアーもPB-13に変え、表層狙いに変更。
最初のキャストで巻き始めるとスグにコン!とバイトがありましたが、ロッドティップが引き込まれた瞬間にバラしてしまいました。掛かりどころが悪かったのでしょうか?それともフックの刺さりが悪くなってきているのかもしれません。
ライジャケのポケットからフックシャープナーを取り出し、さっと研ぎつつ気持ちとポイントを休ませます。

15年は愛用しているフックシャープナー。

数分後、気持ちを新たに同じポイントへPB-13をキャスト。先程同様表層をスローに巻いてくると同じ場所でコン!とバイトが出ましたがフックアップには至らず。シーバスは居るようですが乗ってくれません。
改めてポイントを休ませ、数分後にキャストし直します。潮の流れに漂わせるようにスローに引いてきます。すると先程バイトが有った場所でまたしても喰ってきました。しかし数秒後にはジャンプ一発でフックアウト・・・同じ場所で3連続バラシはメンタル的にも正直キツイ。反応はあるけど喰いが浅いのでしょうか。

しかし、流石にバラし過ぎたためか、その後の反応はパタリと止まってしまい、何をキャストしても駄目。数あるチャンスを物にできず、時間切れで後ろ髪を引かれつつ納竿となりました。

釣行を振り返って

同じ日の朝マヅメと夕マズメの両方で釣りしてきましたが、その両方でシーバスからの反応が得られたものの、釣れたのは朝マズメのカワイイ1匹だけという消化不良な結果となってしまいました。まだまだですね。

しかしながらオクトパッシングでは短時間ながらも良型タコをゲットすることが出来ました。
今年の大阪南港エリアはタコの釣果が少し遅いようでポツポツと釣れているようですが、今後数釣りも楽しめるようになってくるでしょう。この夏もシーバスとタコの二本立てで楽しんでいきたいと思います♪