スポンサーリンク

大阪湾奥エリアを早朝ランガンした結果

7月16日の釣行記です。
最近モチベーションが上がらず、なかなかブログ書くまでに至りませんでしたが、僅かながらでも私のブログを読んでいただいてる人もいらっしゃるので、少しずつ頑張っていきたいと思います。

猛暑の大阪湾奥!どう攻める?

当日は世間的には3連休最終日でしたが、個人的には仕事だったこともあり、出勤前の2時間ちょっとの短時間勝負と位置付け、最近の実績ポイントを中心にランガンする作戦に出ました。

まず最初はいつもの大阪湾奥某河川。

いざ出陣♪

5時20分からのエントリーで上げ潮のタイミングだった事もあり、期待したものの、水質は悪く濁りとゴミが多くてベイトの気配もなし。上げ潮で海の濁りが逆流してきたのでしょうか。何をしても駄目で早々に移動。

次は前回釣行時にイナッコにボイルしていた湾奥最奥部の運河へ行ったものの、タイミングが遅かったようでイナッコの群れは少なくボイルも数回確認された程度。先週まで居たシーバスも完全に抜けてしまったようです。

ここで残された時間が小一時間ほどとなり、次が最後の移動となりそうだったため、少し冒険してみようとIKEA鶴浜の横にある鶴浜岸壁の釣り解放区に行ってみる事に。
シーバスタックルと一緒にタコタックルも用意していたので、両方の調査的な感じで向かってみました。

着いたのが7時頃と日も完全に登り、気温も上昇してキツイ時間帯でしたが、釣場にはエビ撒き釣りの方が1名中央付近で釣座を構えてられました。

そのため入口付近からチェック開始。まずはシーバスタックルにコアマンVJ-16をセットし、足元の岸壁側をチェック。水質は真夏の大阪湾でよく見られる赤錆色。塩分濃度が高そうな感じです。潮の流れは湾奥部より良さげですが、シーバスからの反応はありません。

そこで今度は最奥部まで進み、北向きにキャスト。表層を狙いますが反応無し。そこで南向きにショートキャスト。お隣さんの邪魔にならない程度に岸際をチェックしますが、こちらも表層では反応無し。
ならばと底まで沈めて巻き上げてみようと次のキャストでボトムまでフリーフォールさせてたところ違和感を感じ、ベイルを起こしてロッドを立てたところラインが沖向きに走り出しました。フォール中に喰ってきたようです。慌てて追いアワセを入れるも、次の瞬間にエラ洗いされフックアウト…40cm程度の元気なシーバス君。記念撮影はさせてくれませんでした。

一息つきながらフォール中に喰ってきたのを考慮し、改めて北向きにキャスト。フリーフォールさせボトムへの着底を感じた瞬間にコン!バイトです。今度はある程度予測出来ていたので、しっかり反応出来、フックアップ成功。しかしシーバスの引きではなく、下に下に叩くように潜る手応え。これはまさしく…

ガッツリ喰ってました。

チヌでした。チヌは久々かな?
真っ黒な魚体に鋭いヒレは迫力があり、シーバスと違ったカッコ良さがありますね。

ヒレピンな姿はカッコイイ!

サイズは40cm程。
本当に綺麗なチヌで食べても美味しそうな感じでしたが、前日に真鯛とシマアジをたらふく食べていた事もあり、今回はリリースする事に。

その後もフォールでの反応を見るべくボトムまで沈めては巻いてくるを繰り返すも、釣れたのはコレだけ。

ヒトデってこんなトコにも居るのね。

ここで時間切れとなり納竿としました。

釣行を振り返って

暑い日が続く中、コンディションが悪くなる一方の大阪湾奥部ですが、縦の動きに反応するシーバスを見つけることが出来ました。チヌも顔を出し坊主を逃れることが出来ましたが、次こそは本命のシーバスを狙い通りキャッチしたいと思います!

コメント

  1. ゆうた より:

    お疲れ様でした。
    イナッコにボイルしてるときってルアーに反応させるのって難しいですね。
    自分にはそんな実力ないです(笑)
    自分も前回市内の河川でエラ洗いと共にバラしてしまいました。
    自分はそのままボウズでしたが(笑)

    • komo-chick komo-chick より:

      ありがとうございます♪
      ハクやイナッコに付いてるシーバスって難しいですよね。色々試してみますがなかなか思うように釣れません(;^ω^)