スポンサーリンク

思いつきで向かった場所が正解だった話

8月12日の釣行記です。
少しブログ更新をサボってましたが、釣りには行ってました。
最近大阪湾奥部での釣果を聞いていたため、ある程度の予想を立てつつ向かった場所でラッキーな展開が待っていました。今回はそんな話です。

予想が的中!?良型シーバスゲット♪

今の時期は港湾部は高水温による影響かシーバスも全く反応を見せてくれず、少しでも水質がよく、水温が低い場所が良いのは明白ですが、そこにベイトが絡まなければ釣れないのがシーバス。この条件が揃う場所を探し出すのが今の時期に釣果を上げるポイントだと思っております。

そんな中、向かった先は当初の予定とは違う大阪湾奥にある某河川中流域。
河川というよりも運河といった感じの川幅で護岸整備が整った都市型河川です。
ここを選んだ理由は水深は比較的浅いながらも川幅が狭いため水流が強く、常に水の流れがあるため水温も港湾部よりは低いと考えたため。ここにベイトが入ってきていれば可能性はあるかも?と事前情報無しに何となく向かってみました。

実に半年ぶりに来たこのポイント。到着したのはまだ夜明け前の午前4時過ぎ。
準備を整えエントリーすると、明暗部の水面がザワつき時折派手に水飛沫が上がります。大量のベイトが入ってきていたようで、それを追うシーバスも居る様子。勘が当たったようです。
これはチャンス!とばかりにルアーをセット。セットしたのはマルシン漁具のソルトクエイク13g。ベイトが何か分からなかったため、とりあえず小型バイブレーションで反応を伺おうとのチョイス。

まずは表層からチェックしますが反応なし。アップクロスにキャストし、早巻きで誘いますが駄目。立ち位置を変えつつ、ルアーコースに変化を付けていきますが駄目。しばらくすると水面をザワつかせていたベイトが静かに泳ぎだし、ボイルも無くなりました。時合い終了か?と思いつつもレンジを下げて反応を見ようと一旦ボトムまで沈めてから巻き上げてきた際にゴン!と急に重量感が伝わってきました。バイトです。
場荒れを避けるべく、下流方向へ導きつつ寄せてきます。流れが強く、下流側に回り込まれると面倒なので歩きながら寄せてきます。何度か足元でドラグを出されつつも無事ネットイン。

ナイスミドキン♪

ベイトが静まった瞬間でルアーが目立ったのでしょうか。絶妙なタイミングで喰ってきてくれました。今回初めて使ってみたソルトクエイク13gですが早速釣果をもたらしてくれました♪
しかもよく見るとナカナカの良型。測ってみると63センチでした。

63センチ♪

久々の良型シーバスにゴキゲンです♪

ドヤ顔スイマセン

思いつきで向かったポイントでボイルに遭遇するとは運が良かったです。
しかし、その後はベイトも徐々に抜けてしまい、シーバスからの反応も無く駄目。
夜も明けてきたため、別のポイントに移動しランガンしてみましたが、シーバスの姿は確認できず。
とは言え既に満足いく釣果が得られていたため、少し早めの7時前に納竿としました。

※釣れた場所とは無関係です。

釣行を振り返って

ある程度の予測を立てつつも事前情報が無かったポイントに思いつきで向かったところ、偶然にもベイトが入ってきており、シーバスをキャッチすることが出来ました。大潮の上げ潮に乗ってベイトもシーバスも入ってきていたのでしょうか。それにしてもラッキーでした。

今回の釣果をヒントに今後の釣行に生かしていこうと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪

コメント

  1. 匿名 より:

    お疲れ様でした。
    ナイスな鱸サイズ羨ましい限りです。
    自分も釣りに行きたいのですが、先日事故で代車なのであまり無意味に出掛けたくなくて。
    しかもディーラーの口車に乗せられ新車購入してしまうという(笑)
    納車までは釣りは我慢してます~

    • komo-chick komo-chick より:

      コメントありがとうございます。
      事故とは災難でしたね…しかし新車とは羨ましい!納車が楽しみですね(o^^o)