スポンサーリンク

台風一過の大阪湾奥エリアに出撃した結果

最近少しずつ良くなってきた大阪湾奥部の状況にブログ更新も捗る今日この頃。
今回は8月25日の釣行記です。
この日も朝8時には帰宅しなきゃならなかったため、朝マヅメの短時間釣行となりましたが、これまでの釣行で得られた情報を活かすことが出来たと思う釣行でした。8月23日深夜には台風20号が通過したこともあり、その影響がどうでるのか?今回はそんな話です。

台風一過+大潮=釣れる!?

最近は休みとなると午前3時に起きるのが日課となりつつあり、現地までの道のりでも信号の変わるタイミングを覚えてしまうほど。まだ走る車が少ない道路を逸る気持ちを抑えつつ車をポイントまで走らせます。
最初に向かったポイントは前回と同じ大阪湾奥部の某河川中流域。この日は大潮でちょうど上げ潮のタイミングだったこともあり、ベイトが入り込んできた可能性に掛けてみました。

現地には既に車が1台止まっており、先行者が居るようです。ひとまず準備を整え、私もエントリー可能かどうか様子を伺うことに。パッと見た感じでは釣りをしている人が見当たらず、あれ?と思いながらも高架橋が作る明暗部の上流側からエントリー。キャスト前に水面の様子を伺いますが、まだ上げ潮の影響は少ないのか普段どおり下げの流れが強く、やや濁りが入っているような感じ。やはり台風の影響が出ているようです。ベイトが泳ぐ様子は見た目には確認されず、雰囲気はイマイチ。

ひとまずタカミヤ ハーフソリッドバイブ58で広く探ってみることに。表層から徐々にレンジを下げ、明暗部を中心に探るも反応なし。そこで橋脚の下流側に移動しよう歩き進むと、向かい側から先行者がコチラに向かって歩いて来られました。お話を伺うとベイトは居るものの駄目だったようで帰られるとの事。そこでベイトが居ると聞いた場所まで私も向かってみることに。

その場所は高架橋が作る明暗部の更に下流側で真っ暗な場所でしたが、確かに水面が騒がしくベイトが居る感じです。ただ泳ぐベイトの姿はやや大きく、10センチ以上はありそうなイナッコのようですが、群れは小規模。時折ざわつきを見せますが、シーバスに追われているような感じでもなさそうです。
しばらくその付近を狙ってみますが、シーバスからの反応はなく、早々に見切りをつけて移動することに。

2箇所目は1箇所目の更に下流に位置するエリア。
最初のエリアにはベイトがまだ上がってきていなかったので、その下流域に留まっているのかも?と考えて向かってみたものの、予想通りとはいかず、ベイトもシーバスも不在。小移動を繰り返しつつ居付き系シーバスを探していきますが駄目。ふと見上げると夜が明け始めようとしていたため、次のエリアに移動することに。

3箇所目は先日の釣行では先行者が居たためエントリー出来なかった運河に面する湾奥エリア。比較的潮通しの良い運河なので、シーバスも居るのでは?考えて。取り急ぎ運河の護岸沿いをコアマンVJ-16でテクトロしていきます。表層よりややレンジを下げ、ドンドン歩き進むも反応なし。そのまま運河最奥部まで来てしまいましたがノーバイト。ベイトも目視出来ず。そこで最奥部にある橋脚付近のシェードに狙いを定め、サイドキャストで出来るだけ奥にキャスト。表層を早巻きで誘うとコン!と軽めのバイトと同時に水面を割って飛び上がるシーバスが確認できましたが、そのままフックアウト・・・。

食い逃げされちゃいました(´・ω・`)

アルカリシャッドを付け替え、再度狙い直すも場荒れしてしまったのか後が続かず。ここで粘っても駄目だと判断し、再びテクトロしながら運河を戻りますが、これにも反応はありません。運河はハズレだったようで。

そこで次の場所へ移動を考えながら、車まで戻る途中、係留船が風の影響で岸壁から1m程離れていました。ひょっとするとと思い、この隙間にVJ-16を落とし込んでテクトロしてみると、係留船の下から飛び出す何かを確認。チェイスです。その飛び出し方はなかなかのスピードでやる気満々な感じ。そのため、少し後戻りし反応のあった場所の少し先へショートキャスト。少しフォールさせてから巻き始めた瞬間にドン!狙い通り喰ってきました。
相手は猛ダッシュで係留船の下に潜ろうと試みますが、それはこちらも予測済み。主導権を握らせないよう、巻合わせつつもオープンスペースに小走りに移動。なんとかシーバスの泳ぐ向きを変えることが出来、オープンエリアでの勝負に持ち込むことに成功。慎重なやり取りを試み、無事キャッチ♪

VJ-16マスオさんカラー♪

VJ-16を横から喰ってきたのか口の横の柔らかいところにしっかりフックアップしていました。これならまずバレません。

バレないけど外しにくいパターンですね・・・

サイズは50センチ程度でしたが、黄金色に輝いていて印象的です。
アジは脂が乗ると黄金色に輝くと言いますが、このシーバスも脂が乗っているのですかね?

金色シーバスもカッコイイ!

ここ数回の釣行ではキビレしか釣れていなかったため、本当に嬉しい1匹でした。

ドヤ顔スイマセン

このシーバスをリリースし、付近の係留船を同様に狙ってみますが続く反応はなく、次の場所へと移動することに。
最後の場所はいつもの某河川中流域ですが、雰囲気はイマイチ。前回釣行時よりも濁りが入っている様子。いつものように探っていきますが反応なく、強めのアクションで誘いをかけるべくメガバスnada SPARROW 14gを使ってのリフトアンドフォールを試みるも、数投で根掛かりさせてしまいロスト。そのまま納竿としました。

釣行を振り返って

台風通過後の大潮で上げ潮周りということもあり、ベイトが遡上してきているかも?と期待したものの、その期待通りにはいきませんでしたが、なんとかシーバスをキャッチすることが出来ました。状況的に釣り上げたのは居付き系シーバスだと思われますが、少しでも状況が良さそうなエリアを回ることが出来た結果ではないかと考えます。

8月もあと数日で終わり、徐々に気温も下がってきてベイトの回遊も増えてくると思われます。状況を把握し、しっかりと釣果に結びつけていけるよう頑張ります♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪

コメント

  1. ゆうた より:

    お疲れ様でした。
    良型のシーバス流石です!!
    最近スナップって結局何がベストかな?と色試してますが、こもチックさんはどちらのメーカーどれのいくつのサイズ使われていますか?
    よろしければ教えて下さい。

    • komo-chick komo-chick より:

      ありがとうございます♪
      タイミングが良かっただけのような気もしますが嬉しい1匹でした。
      スナップの件はカルティバのクイックスナップ1号を使ってます。強度もあり安価なのでオススメです。また機会見てネタにしたいと思います。