スポンサーリンク

2018年釣り納め釣行の結果がイマイチだった話

少し遅くなりましたが先日12月29日の釣行記です。
2018年の釣り納めとなる釣行でしたが、納得行く釣り納めとなることが出来たのか!?
今回はそんな話です。

最後はいつもの場所で2時間勝負!果たして!?

当日は年内最後の仕事だったこともあり、朝からタックルを車に積み込んで出勤。
定時退社して17時30分にはいつもの場所に到着。2時間だけの短時間勝負と決め、サクッと準備を整えエントリー。

いつもの場所の大阪湾奥部都市型河川は2017年同時期に良型シーバスがコンスタントに釣れ始めていたこともあって、今シーズンも同じようにシーバスが帰ってきているのでは?と淡い期待を胸にいだきエントリーしましたが、水面を見る限り雰囲気はナシ。ベイトの気配もありませんが、今の時期は水面に見えるようなベイトは居ないのでボトムを狙うべくダブルフック化したコアマンVJ-16をセット。まずはボトム付近をゆっくりテクトロで探っていきます。

ショートキャストで岸際ギリギリにキャストし、ラインを送り出して上流側へ歩き進みます。
出来るだけボトムスレスレにルアーを送り込めるよう、歩く速度はゆっくり。アルカリシャッドが生む振動を感じ取れるギリギリの速度で探っていきます。しかし、思いとは裏腹にバイトは皆無。まだシーバスは戻ってきていないのでしょうか。

そこで狙いを常夜灯付近の明暗部に変更。
潮の流れも良い感じに下げてきていて期待できそうです。そこで明部の先にVJ-16をキャスト。表層よりやや沈めたレンジをただ巻きで誘うと明部に差し掛かったところでドン!と明確なバイト。そのままロッドティップが絞り込まれます。ファーストランを耐えた後、近くにあるストラクチャーに巻かれないようシーバスを誘導するべくロッドを右から左に向け直し、シーバスの向きを変えた瞬間にフックアウト・・・掛かりどころが悪かったようで完全にフックアップしていなかったようです。

戻ってきたVJ-16をチェックすると、フックポイントが甘くなっていました。そりゃフックアップせんわ(´・ω・`)
逃したシーバスは50センチ程度でしたが、久々にまともなサイズのシーバスを喰わせたにもかかわらずフックが甘いせいでバラしてしまうとは完全に自分のミスです。悔やまれますが後の祭り。ただ喰ってきたのはボトムではなく表層よりやや下のレンジだったとこが判りました。そこでルアーケースから新品のVJ-16を取り出し、同じポイントにキャストしてみるも喰ってきたシーバスは居なくなってしまったようです。他のルアーも数種類キャストしましたが駄目。一旦場を休ませて狙い直すことに。

気を取り直しストラクチャー付近の流れのヨレを中心に狙っていきます。先程のバイトをヒントに表層から中層までレンジを刻みつつ探りますが、バイトは得られずベイトに当たる感触すら得られません。また岸際ギリギリを狙っていきますが、これまた反応なし。気が付けば1時間が経過していました。

先程バラした場所も休まったと判断し、改めて狙い直します。先程同様VJ-16を表層からレンジを下げながら探っていきますが駄目。アルカリシャッドを変えても駄目。ボトムまで沈めても反応がありません。立ち位置を変えてルアーの軌道を変えても駄目。完全にシーバスが逃げてしまったようです。

残り時間は30分。そこで前回釣行時にVJ-16のボトムノックでキビレが好反応だったことを思い出し、キビレでも良いから釣ってやろうと再びダブルフック化したVJ-16に変更。岸壁沿いにキャストしボトムノックしながら歩き進んで探る作戦に出ます。
ルアーアクションは小さめ。ボトムから少し跳ねる程度のイメージでロッドを煽ってアクションを付けます。10分程探り続けると着底からのリフト時にコンと小さめのバイトが出ました。そのまま追いアワセを入れ何とかフックアップに成功し無事キャッチ。

30センチくらい?

可愛いサイズのキビレでしたが、前回同様ボトムノックでキャッチできた事に嬉しさを感じました。流石にこのサイズをキープするのは忍びないのでリリース。続く反応に期待しましたが駄目。ここで時間切れとなり納竿としました。

釣行を振り返って

今回の釣行では折角シーバスを喰わせることまで出来たものの、フックが甘くバラしてしまいました。事前にフックをチェックしていればキャッチできたかもしれなかっただけに悔やまれます。フックは魚との唯一の接点ですので、しっかり確認しなければ駄目ですよね(´・ω・`)

今シーズンはシーズナルパターンが遅れていると聞きますが、その通りなのかもしれません。
もう少し季節が進んでシーバスが大阪湾奥部に帰ってくるのを待って狙い打ちたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪

コメント

  1. アバター ゆうた より:

    おはようございます。
    フックポイントが甘くなるのも釣果か良い結果でのことですね。
    僕はボウズばかりなので、どのルアーもフックがピンピンですよ(笑)

    • komo-chick komo-chick より:

      どうもです♪
      フックはミスキャストやルアーケースの中でもダメになっていくので常にチェックが必要なんですが怠ってました。騙し騙し使ってたツケがきて感じです(;^ω^)

      昨晩フック交換して今朝初釣りに挑んできました♪
      結果はインスタにも上げてますが後日記事にしますね(o^^o)