大阪湾奥でイナッコパターンを攻略した話

先に速報として投稿した10月9日の釣行記。秋のイナッコパターンを完全攻略してきた話です。この釣行の4日前にあたる10月5日未明の釣行で得た内容を元に組み立てた展開が功を奏した形となりました。

大阪湾奥でもストロングパターン!?

まず10月5日の釣行について簡単に触れたいと思いますが、この日は午前0時過ぎから3時間程の釣行で大阪湾奥エリアの某河川に狙いを定めて出撃した際に、あるエリアにイナッコが大量に溜まっていて付近の常夜灯周りでシードライブスネコン130Sでの反応が良く、チェイスや突っつくようなバイトはあるものの食わせるまでにはいかない悔しい思いをしていたのです。

その後、Twitterのフォロワーさん達の釣果を見て刺激を受け、居ても立っても居られず10月9日に平日ながらも車にタックルを詰め込んで出勤し、定時退社と同時に出撃してきました。しかし場所は5日の場所とは異なるエリアをあえて選択。理由は当日は北からの風が強く、風向き的に有利となる場所を選択しました。

エントリーしたのは17時30分を過ぎた頃。潮回り的にはちょうど満潮の時刻。この日は若潮でしたが、この満潮からの下げ潮は割と潮が動きそうな感じ。また今回の場所的に風向きと潮の流れがリンクするため、潮が動き出せばチャンスが有ると予想。まずは潮が動き出すまでハイブリッドスイマーで護岸沿いをチェックしていきます。ここで釣れちゃうと予想が覆ることとなるのですが、予想通り反応なし。ここまでは順調です。

今日は釣れなくて正解。

30分ほど経過し、潮も動き出してきたため、本命の常夜灯が効くエリアへと移動。今回の場所は常夜灯の明暗付近にシャローエリアが広がる場所でシーバスがイナッコを捕食するには丁度いい場所と言えそうです。ここでルアーを スネコン130S に変更。明暗部の上流側へキャストし、ラインスラッグを取る程度にゆっくり巻き、流れのヨレに送り込むとグン!と重力感が伝わりロッドティップが下に引き込まれます。フックアップしたようでグイグイと下に潜ろうとしますが、シャローエリアに向かおうとしていたため、やや強引に反対方向へ誘導し足元まで寄せてきたのですが、ここで急浮上からのエラ洗いでフックアウト・・・。

しっかり食わせたと思ったのに・・・

その後数投同じラインをキャストするも続く反応が無かったため、よりピンポイントで探れる シードライブ へと変更。続けざまに狙い続けるとスレてしまうため、10分程違う場所を狙って間を空けてから シードライブ を先程と同じように上流側へキャスト。ゆっくり流しながら先程食ってきた場所で少し早く巻いて誘うと狙い通りにドン!という衝撃と共にドラグ音が鳴り響きます。手元に伝わる重量感。これは慎重に対応せねばと無理に寄せることはせず、出来るだけエラ洗いさせないよう集中して足元まで寄せて無事ランディング成功♪

よっしゃ!狙い通り♪

スネコン130S からのルアーチェンジ、上流側からのルアーの送り込み、巻き速度の変化による誘い。狙い通りに食ってきた瞬間の緊張感とネットインした直後の達成感。最高の1匹です。サッと計測すると65センチ程度。久々の良型シーバスとの出会いに本当に嬉しく思いました。

65センチ!

体高もあり厚みのある綺麗な魚体。さぞかしベイトを食っているのでしょう。きっと食べても美味いと思いましたが、平日釣行で帰宅後に捌くのが億劫だったので再会を約束してリリース。

ここで続けざまに狙い続けると恐らく駄目だと判断し、少し離れた場所まで移動して場を休ませることに。移動した先では普段のように護岸沿いをVJ-16でチェックしていきました。すると早々に食ってきましたが、追いアワセを入れるタイミングが悪く水面を飛び出してしまい、その際のはずみでフックアウト(;^ω^)

その後も同じエリアで数回のバイトがあるもフックアップには至らず。そこでアルカリシャッドを変更し、カラーチェンジで反応を伺うと1投目にドン!と答えが帰ってきましたが、これまたエラ洗いさせてしまいフックアウト。うーん下手糞すぎる(´・ω・`)

ここでフックシャープナーでフックを研ぎ、少し間を空けてから狙い直すと早々にゴン!という衝撃。足元でのバイトで驚いたのも束の間、物凄く強い引きでドラグが鳴りまくり。ファーストランを耐え、エラ洗いさせないようゆっくりやり取りしキャッチに成功。しかしネットの中に居たのはコイツでした。

貴方でしたか。

40センチを超えるチヌ。同サイズであれば引きの強さはシーバスよりも圧倒的に強いチヌとのファイトには満足でしたが、こちらも早々にお帰りいただきました。

そんなこんなで別のエリアで1時間程時間を費やし、十分に間を空けてから本命エリアへ。先程同様、 スネコン130S をセットし、先程同様、反応のある場所の上流側へキャスト。ラインスラッグを取りつつ流し込むと先程食わせた場所と同じ場所でドン!喰った!!

狙い通りに喰わせることに成功。しかし少し前に スネコン130S で喰わせたときはバラしてしまったことを思い出し、やや慎重にやり取りしながらも、ドラグはやや強めにしてシャローエリアに逃げ込まれないよう踏ん張ります。なんとかファーストランを耐え、こちらのターンに持ち込もうとしたのも束の間、急浮上からのエラ洗いでこれまで手元に伝わっていた重量感がフッと抜けてしまいました。 スネコン130S の重量感すら伝わりません。エラ洗いの際に16lbリーダーを切られてしまったようです。

ぶち切られたリーダー。

切られたのはスナップ結束部より少し上。恐らく スネコン130S を丸呑みしていたのでしょう。エラ洗いの際に歯で擦れて切れたかのような感じです。これは悔しい・・・。

落胆しながらもリーダーを手持ちで一番太い20lbに結び替えていると、近くで魚がエラ洗いしているかの様に水面を飛び出す音が聞こえました。その音には スネコン130S のラトル音も混じっており、先程のシーバスが引っ掛かった スネコン130S を外そうとエラ洗いしたようです。可愛そうなことをしてしまいました。自分の未熟さに少々落ち込みましたが、まだチャンスは有ると信じ、 シードライブ に付け替えて先程と同じ場所を狙い打ちます。徐々に潮位が下がってきたため、シャローエリアで根掛りしないよう、少し早めに表層付近をリトリーブしてくると下から突き上げるような水面炸裂バイト!また来た!!

リーダーは20lbに変更しましたが、これでも少し心許ないので無理は禁物。エラ洗いさせないよう徐々に寄せ、ゆっくり体力を奪っていきます。しかし相手も然ることながら必死に抵抗を続けます。何度かラインを出されたり巻いたりを繰り返し、何とかキャッチ成功!

シードライブで2匹目!

スネコン130S でラインブレイクされてからの1投目でした。複数のシーバスが居るのでしょう。上流から流れてくる大きめなルアーに好反応なところを考えるとイナッコパターンと言えるでしょう。こんなストロングパターンが大阪湾奥エリアでも通用するとは自分でも信じられませんが、この結果が事実ですね。

サイズを測ってみたところ55cm程。身体の厚みもあるナイスファイターでした。このシーバスもリリースしようと思ったのですが、先の画像の通りフックがガッツリ掛かっており、ネットにも絡まっていたことから外すまでに時間を要してしまったこともあり、ネットリリースしても泳いでいかず、しばらくエラに水が通るようネットを左右に動かしたりもしましたが、僅かにエラが動くものの泳ぎ出すまでに回復せず・・・このままリリースしては駄目になると思い、折角なのでキープすることに。

ストリンガーを用意しキープしたり、ネットを洗ったりTwitterで状況報告しながら10分程場所を休ませます。時間を見ると21時を過ぎ、あまり遅くなると翌日の仕事に支障を来すこととなりかねないので、そろそろ帰らなければなりません。しかしこの状況、釣り人であれば帰れる訳もなく。もう少しやってみて駄目なら帰ろう、そう言いながら シードライブ をキャスト。これまでのヒットゾーンを狙ってキャストを重ね、数回目のキャストでココだ!という場所に シードライブ を送り込めた時にドン!キターーーッ!!

まさかのシードライブ3連発!

まさかの シードライブ で3連発。こんなことあるんですねぇ。本当に驚きです。パターンにハマると強いのでしょう。ドリフトさせながらもジョイントアクションで艶かしく誘うのも効くのかもしれません。 シードライブ 最高!

3匹目も55センチ程度。こちらはサッとフックが外れてくれたのでリリースに成功。ゆらっと泳ぎながら帰っていく姿に満足感を覚えたため、その後数投した後に納竿としました。

釣行を振り返って

数日前の釣行からイナッコパターンが成立しそうな雰囲気を読み、風向きと潮回りからエリア選択。ルアーもイナッコを想定した スネコン130Sシードライブ をチョイスした結果、 シードライブ で3キャッチ、 スネコン130S で2バラシとイナッコパターンを攻略した結果となりました。

スネコン130S はワイドアクションなS字形ルアーで少し早めに巻くと大きなSを描いて泳ぎ広範囲にアピールするのが好印象でした。またラトル入りでゴトゴトと鳴る音もシーバスにアピールしていると思います。今回残念なことにラインブレイクでロストしてしまいましたが、翌日楽天で注文しました。


一方 シードライブ はタイトなS字系アクションがキモ。ジョイントタイプのルアーでリーリングを止めた時の動きが本物の魚のように揺らめき艶めかしく誘います。喰わせる場所が分かっている際に効くイメージがありますね。アマゾンで時々安く売られているので要チェックです♪

季節が進み、シーバスも冬の産卵に向けて荒食いする時期となりました。今が一番釣れる時期とも言えます。普段よりも大きめなルアーを持ってフィールドに向かってみてください。きっと良い釣果に恵まれると思います♪私も今年こそランカーシーバスをキャッチするべく頑張りたいと思います!

こもチック
  • こもチック
  • 大阪在住の会社員。昭和50年代生まれ。釣りと家族を愛するツーブロック。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)