スポンサーリンク

ルアーケースを整理してみた話

8月20日以降釣りに行けずネタ切れ気味ですが、先日タックルベリーでルアーケースを買い足し、手持ちのルアーを整理してみたので、ネタとしてポストしてみたいと思います。

アルカリシャッド用ケース

買い足したルアーケースはこちら。

明邦って大阪の会社だったんですね

明邦のルアーケースL。
税込で302円。留め具が中央1ヶ所といたってシンプルなもの。幅がちょうどアルカリシャッドにピッタリな感じだったので買ってしまいました。

早速手持ちのアルカリシャッドを入れ替えてみました。

綺麗に収まりました♪

少しアルカリやミニカリ、R32も混じってますが手持ちのシーバス用ワームが綺麗に収まりました。

ワームカラーについての考え方

カラーはブルー系、グリーン系、ゴールド系、ピンク系、ホワイト系といった感じですが良く使うのはブルー系とグリーン系でしょうか。朝マヅメや夕マヅメ時にはピンク系、濁りがキツイ時にはゴールド系をチョイス。また季節によってホワイト系も使うようにしてます。

基本的には、水の色にルアーカラーを合わせるという考え方をベースに、シーバスに飽きられないようにカラーローテーションさせてます。

また非クリアカラーのパニックグリーンやショッキングピンクは光が透けず、よりシルエットがクッキリするのでクリア系で反応がない時に使うと効果大です♪

今のハードルアーケースの中身

ついでなので先日の釣行までのハードルアーケースの中身を公開しちゃいます。

これはちょっと恥ずかしいな…(;^ω^)

6月頃から中身の入れ替えを行なっていないので、統一感が無く、偏ったルアーチョイスとなってますが、気に入っているラッキークラフトのビーフリーズを数個と、コアマンのIP-26やBC-26、PB-20やPB-30、それにマニックやワンダーなどなど。初場所での突撃用にオルルドルアーも入れてますが出番は無いですね…

時期的に大きなミノーは不要と判断し、小さめのルアー編成です。小遣いに余裕があれば欲しいルアーもあるんですが…ま、VJ-16があれば何とかなっちゃうもんで(;^ω^)

季節が進んできた昨今。
そろそろルアーケースの中身を入れ替えなければならないタイミングですね。この時期にフックも交換してハイシーズンに備えたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪