スポンサーリンク

【釣行記】息子と一緒に泉大津へサビキ&ライトショアジギング

先日息子に何気なく「釣り行きたい?」て聞いてみたところ「行きたい!」と即答だったので、昨日9月24日の午後から泉大津方面へ釣りに行ってきました。今回はそんなお話です。

たまにはのんびりサビキ釣り

昼飯を自宅で済ませ、14時ごろにフィッシングマックス泉大津店へ到着。息子にさせるサビキ釣りのエサとなるアミエビを購入。余談ですが昔と比べるとアミエビ値段上がってますよね絶対…。

さて準備は整ったものの、何処で釣りをするかは実は決めていませんでした。同時刻に友達が泉佐野食品コンビナートに釣りに行っていたので電話して話を聞いてみたところ、イワシしか釣れないとのことだったのもあり、もう近場でいいやと泉大津周辺で釣座を確保することに。

車を横付け出来る良い感じの場所を見つけ、場所を決定。まずは息子に釣らせるためにサビキ釣りの準備から始めます。
竿は私が昔バス釣りに使っていたシマノのバスワン。リールも昔使っていたリーガル2000をセット。サビキは豆アジにも対応出来る3号針のものを使用しました。

準備が整い、息子が釣り始めます。
手慣れたもんで自分で全て出来るようになったのもあり、私はいつものシーバスタックルを用意します。しかし程なくして息子のサビキに反応があり、イワシが釣れだしました。

ライフジャケットは忘れずに。


10センチ以上ある食べ頃サイズ。バケツに入れてキープしていきます。
そんな息子を横目に私も準備を進めます。まず最初にコアマンのVJ-16をセットし足元の護岸沿いから狙いますが反応無し。沖向きに投げたり様々なレンジを探っていきますが無反応。

そこでメタルジグに変更。速いテンポで探る作戦に。ここからはシーバスではなくサゴシやタチウオに狙いを定め直し、ライトショアジギングに切り替えます。
相変わらずイワシを釣り続ける息子。これだけイワシが釣れているのなら、それを狙う青物やタチウオも居るはずと期待しながらメタルジグをぶん投げます。まずは着底までフリーフォールさせ、着底後から巻き上げつつシャクっていきます。反応が無いので徐々にフォールさせる時間を短くし、狙うレンジを浅くしていきますが、これまた反応無し。そう簡単には釣れません。

しかしイワシは爆釣!ひたすら釣果を重ねていく息子。気付けばバケツにイワシが一杯になりそうです。

マイワシ爆釣!

鮮度を保つため、弱ったイワシから袋に入れてクーラーボックスに移します。その間にも息子がガンガン釣ってくれます。釣れてるイワシはマイワシが殆ど。たまにカタクチイワシが混じる程度。マイワシの方が美味しいので有難い話です。

イワシがひたすら釣れ続けるので、クーラーボックスへ移す作業の合間にメタルジグをキャストするような感じになってきました。最早サゴシやタチウオが釣れなくても十分なほどイワシが釣れてるので、私ものんびりサビキ釣りを眺めながらマッタリと夕マヅメまで待つ事に。

可愛いギャラリー登場

ふと後ろを振り返ると、1匹のネコがこちらを向いて座っていました。いつから居たのか気付きませんでしたが、どうやらおこぼれを貰いに来た様子。
息子に釣れたカタクチイワシを上げてみたら?と言い、カタクチイワシを少し離れたところに置いてみたところ、そろそろとやって来てパクリ♪

サビ猫可愛い( ※ ´Д`)

美味しそうに食べてました(*^^*)
そんな姿に癒されながら、小さいマイワシやカタクチイワシが釣れたらお裾分け。しばらくするとお腹も一杯になったのかいつの間にか居なくなってました。

夕マヅメに一発逆転を狙うも?!

時計を見れば17時30分を回り、段々と日が傾きだしました。ここでライトショアジギングを再開。夕マヅメパワーに期待をしつつメタルジグをキャスト。
底までフォールさせ、シャクること数回で小さめのバイトの後に小気味良いプルプル感が手元に伝わってきます。何かが釣れたようです。抜き上げてみると…

サバだけどボウズ回避なので微妙な気持ち。


20センチ程のサバでした。
このサイズのサバがまとまって釣れるのならキープしても良いのですが、単発で釣れても調理が面倒なのでお帰りいただく事に。これで一応ボウズは無くなりました(;^ω^)

段々と暗くなってきました。
すると息子のサビキにイワシではなくアジが釣れだしました。

大きいもので15センチ程の食べ頃サイズ。それも単発ではなく入れ食い状態!アジの群れが回ってきたのか、サビキを投入すると即座にアジが食ってきます。この時合いを逃すのは勿体無いと息子と協力してアジを釣り続け、20分ほどの間に12匹釣り上げる事に成功。日没後には時合いも過ぎたのかアジもイワシも釣れなくなりました。

残る期待はタチウオ。
ケミカルライトを仕込んだワームでワインドにてタチウオを誘いますが反応無し。周りでもウキ釣りでタチウオを狙う方が大勢居ましたが、どのウキもただ浮いているだけ。翌日が月曜と言うこともあり、タチウオからの反応は得られないまま19時に納竿としました。

今回は大量にイワシが釣れている中で、他のフィッシュイーターが釣れるかもと期待したものの、結局姿を現したのはサバのみと肩透かしをくらった感じでした。

しかしまだシーズン序盤。これから徐々にタチウオも釣れだしてくることでしょう。次の機会には息子とタチウオを狙いに行きたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪