スポンサーリンク

【釣行記】人気の南港エリアに行ってきた話【タチウオ】

ここ最近すっかり秋めいて朝晩は涼しくなり、海の中も秋の様相。
そう、タチウオ釣りのシーズンインです。
そこで今回は9月30日の土曜日に人気エリアの大阪南港へタチウオ狙いに行った話です。

当日は仕事だったため、南港へ向かったのは18時を過ぎた頃。
狙いの場所に到着し、準備する頃には日は沈みきってしまいました。
まずはタチウオだけでなく、シーバスも釣れれば良いなと思い、コアマンのVJ-16からスタート。
いつも通り足元の護岸沿いから狙っていきますが、シーバスからの反応は無し。
そこで早々にシーバスに見切りをつけ、ワインドでタチウオを狙うことに。

リグったのはメジャークラフトのジグパラワインド

これにダイソーで買ったケミカルライトを仕込みます。
まずは沖向きにキャスト。ボトムを取ってからジャークしダートさせ誘います。
しかし数回キャストするも反応が得られないので、徐々にレンジを上げていきますが、反応なし。
近くのウキ釣りの方のウキの動きを見ていると、岸際での反応が良さそうだったので、岸際へキャスト。ボトムまで沈めて数回のダートで待望のバイト!しかし数秒でバレてしまいました・・・シーバスと同じようにドラグを緩めにしていたのが仇となりフッキングが甘かったようです。

その後もしばらく岸際を狙うも、続く反応はなし。
沖向きに狙いを変え、移動しながら繰り返しキャストするもバイトは得られず。
周りのウキ釣りの方もあまり反応は良くないようなので、移動を決意。

次の移動先はシーサイドコスモ。大阪市営地下鉄のコスモスクエア駅に程近い場所です。
ここは最近タチウオの釣果をよく聞く場所で、多くの釣り人が集まっているとの話でしたので、ちょっと様子見がてら行ってみることにしました。

到着したのは23時頃。
釣座が確保できるか心配しながら、駐車場から歩いていきますがカナリの人手。長い岸壁を埋め尽くすかのように釣り人が竿を伸ばしています。これでは釣座は確保できないかと思った矢先、帰り支度をされている方を発見。声を掛けさせて頂き、その後に入らせていただくことが出来ました。

ただ両隣の釣り人との感覚は5メートル弱。これでは真正面にしかルアーをキャスト出来そうにありません。幸い左隣の方はウキ釣りではなく、私と同じルアー釣りだったので幾分助かりましたが、右隣の方はウキ釣りをされており、潮の流れは右から左に流れる状況。これではこちらにウキが流れてくるのは明白でしたが、背に腹は代えられません。

両隣の方の動きに合わせ、キャスト。ボトムから探っていきます。
タイドグラフで見た感じよりも潮の流れが強く、釣れそうな感じもしますが反応は得られず。
案の定、目の前までウキが流れてくる展開。流石にこの間隔では仕方ないので、回収してもらうまで待機。これでは自分のリズムで釣りが出来ないため、小一時間で撤収となりました。当然結果は得られず・・・。

ここで南港エリアでのタチウオ釣りは断念。
流石に週末となれば多くの釣り人が押し寄せますね。
かもめ大橋の駐車場が閉鎖された影響もあると思われますが、シーサイドコスモで落ち着いて釣りをするには平日深夜に行くしかなさそうです。
ただ最近安定して釣果が出ているのも事実。時間が取れればまたリベンジに行きたいと思います!