スポンサーリンク

【釣行記】コアマンVJ-16でサバ爆釣!【大阪南港】

昨日の話になりますが、出勤前の朝5時から7時半まで大阪南港へ釣りに行ってきました。
もちろん本命はシーバスですが、場所的にタチウオが釣れてもおかしくないので、そのどちらかが釣れれば良いやと思って。
現地に着くと夜通しタチウオ狙いだった人が何人か居ましたが、その人達と入れ替わる形になったので良い場所に入ることが出来ました。
まずはコアマンのVJ-16でスタート。
足元の岸壁沿いにキャストし表層からボトムまで引いてくるも反応無し。そこで沖向きにキャストし潮目の変化を狙っていきますが、やっぱり無反応。
そこでVJ-16につけてるアルカリシャッドに先日ダイソーで買ったケミカルライトを挿入し、タチウオにアピールしてしばらくキャストを繰り返しましたが、これまた反応無し。
どうもタチウオのエサ釣りの方々が軒並みボウズで、この場所にはまだタチウオが回ってきていないとの話。こりゃダメか?とタチウオは諦めることに。
そうこうしてると、日が昇ってきて薄明るくなってきました。アルカリシャッドからケミカルライトを外し、小移動を繰り返しながらアチコチにキャストしていきます。潮の動きもまだあり悪くない。
しばらくすると、側でサビキ釣りをしてた人達から賑やかな声が聞こえてきました。どうもサバが釣れまくりで大慌てな様子。
その様子を伺ってると20cm位のサバでナカナカなサイズ。
そんな中、私のVJ-16にも待望のバイト♪
しかしどうもシーバスの引きでもなく、タチウオの引きでも無い、浅いレンジを横に走る独特な引き。釣れてきたのは…

サバ…(^_^;)
サイズの割に引くので思いのほか面白い。
VJ-16の小さめのフックが、このサイズのサバでもしっかりフックアップ出来て良い仕事してくれました。

クーラーボックスも持ってきていたのでキープする事に。
その後も沖向きにキャストするとサバが待ってましたとばかりに喰ってきます。

セリアで買ったトングも大活躍(*´ω`*)
しばらくすると日も登りきりVJ-16ではアピールが足りなくなってきたのか反応が悪くなってきました。そこで更に沖の潮目を狙え、尚且つアピールの高いコアマンのBC-26にチェンジ。
すると1投目の着水直後にヒット♪

やっぱりサバ(^_^;)
でもBC-26で初めて釣れた魚でしたので、少し嬉しかったです。
この後もBC-26でもう1匹サバを釣り、こりゃイケるなと手応えを掴んだ頃、キャスト時に高切れが発生しBC-26はすっ飛んでいっちゃいました(´・ω・`)
他にBC-26は持ち合わせて無かったので、VJ-16に戻して再開。
潮の動きが悪くなってくる中、船の通過と同時に目の前に良い感じの潮目が出来ました。そこに狙いを定めてキャストすると思い通りのヒット♪
結構な引きだったのでシーバス?と期待するも、どうもおかしい。上がってきたのをみるとナントVJ-16に2匹のサバが喰いついてます。フロントフックに1匹、リアフックに1匹。ネット動画では見たことありますが、私自身が経験するのは初めてのダブルヒット。写真を撮る前にフックから外れてしまったのが残念でしたが、嬉しかったです(*´∀`*)
ここで仕事に行かなきゃなんない時間になったので納竿。
最終的には10匹くらい釣れたかな?
その後の仕事も午前中で終わっちゃったので、昼から再度同じ場所へ釣りに行ってみました。流石にサバの群れもどっかに行っただろうと期待して。
近くのサビキ釣りにはカタクチイワシが釣れていたので、シーバスも居るはずと期待しながらVJ-16をキャスト。表層から少し落としたレンジでバイト♪しかし上がってきたのは…

ヤッパリ(^_^;)
ホントVJ-16はエサですね。
結局2時間ちょっと頑張りましたが、サバが4匹釣れてシーバスは数回チェイスがあったのみ。シーバスのチェイスが確認出来だけでも収穫かもしれませんが、喰わせるまでに至らなかったのは私の実力不足。まだまだですね。
あと1度だけピックアップ寸前に青物らしき魚影のチェイスが確認されました。結構な大きさの魚影だったのでビックリしました。ま、釣れなかったら何でも一緒ですが。
最終的な釣果としてはサバが15匹程度かな?
肝心のシーバスさんはお留守ですが、サバさんがもてなしてくれました。
サバゲーもありかもしれませんね(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪