スポンサーリンク

【釣行記】台風&大潮で好釣果!VJで爆釣!

今週末は台風が迫っていてtwitterでも好釣果との話が良く聞こえてきますが、そんな私も台風の恩恵を受けてきました。今回は10月21日未明の天保山エリアでの釣行記です。

この日は大潮。当初は20日23時頃から釣りに行こうかと思ってたものの、タイドグラフを見ると干潮が21日1時20分だったので、一旦仮眠し時間をズラして21日2時頃からの釣行スタートとしました。

やっぱりVJ!カタクチイワシパターンには最強!

ルアーは定番のコアマンのVJ-16からのスタート。カラーはコボラサッパ。
このエリアは桟橋に係留船が多く係留され、そのキワを狙うのが定石。
いつものように足元から係留船のキワをチェックして行きながら歩き進みます。
ふと足元を見ると誰かが釣って放置したのか、カタクチイワシが1匹。しかも鮮度抜群。
これはカタクチイワシが入ってきているのでは?と期待に胸が高鳴ります。
途中、常夜灯が有り潮通しの良い場所でコツンとしたバイトらしき反応があったので、アルカリシャッドをアカキンにカラーチェンジ。明暗部の奥にキャストし少し沈めて巻いてきます。すると数投後にガツン♪
しかし上がってきたのはシーバスではなく・・・

狙ってない時に釣れる不思議。

タチウオさんでした。
ホント狙ってない時に釣れてくれる困ったヤツです。
サイズは幅が指2本程度と小さいのでリリースしましたが、弱々しく泳いでいったので気の毒な気持ちに。タチウオって釣り上げちゃうと直ぐに弱っちゃうんですよね(´・ω・`)

更に歩き進みながらキャストを続けていきます。
桟橋の先端部まで来て明暗部を狙ってキャスト。1投目からバイトがあり何かが居るのは間違いない感じ。
そこでルアーを先日新発売されたコアマン VJ-22に変更。
サイズを大きくし、更なるアピール力で誘う狙いでバイトの有ったゾーンを通すと一撃!

またタチウオさん。今度はちょっとサイズアップした指3本弱。
リリースしても弱ってしまっては気の毒なのでキープする事に。
狙い通りVJ-22のアピール力で飛びついてきたような感じです。

その後も同じゾーンを通すとガツン!と当たりますが乗りません。
そこでタダ巻きではなく、フォールで誘ってみます。すると再びガツン!今度はフックアップしてくれたようですが、ロッドから伝わる感触はシーバスのソレとは違い・・・

タチウオ祭り開幕!

またしてもタチウオさん。どうやら群れで何匹も居るようです。
もうキープする事を決めたため、狙ってタチウオを釣ってやろうと反応の有ったエリアを中心に、フォールを加えて誘うとバイト連発!タチウオがガンガン喰ってきます。バイトが途絶えるとカラーチェンジすることで釣れ続け、結局1時間弱で10匹も釣れてしまいました。うち小さかったのは地面に置かずフックをプライヤーで掴んで極力タチウオを弱らさないようにしてリリースし、6匹キープ。ここで他のアングラーが来られたので場所を譲る形で移動。
別の桟橋を狙っていきますが、こちらも釣れるのはタチウオ。2匹釣りましたがシーバスは居ないと判断し移動。

今度は湾奥部の常夜灯があるエリア。潮通しもよく釣れる雰囲気がある場所ですが、人気エリアで人的プレッシャーも高い場所。ここはベイトの存在がキモになるのですが、水面を見ると何やら騒がしい感じ。よく見ると小さめのカタクチイワシの群れが確認出来ました。これは期待できそうです。
そこでルアーをベイトのサイズに合わせてVJ-16に戻しキャスト。表層近くを巻いてきます。するとコツコツと何かに当たる感触が伝わります。恐らくベイトのカタクチイワシに当っているのでしょう。狙いは間違いないと確信し、少しキャスト位置を変えて狙ってみるとバイトがありましたが乗らず。更に同じ場所に続けてキャストするとヒット♪
バラさないように慎重にやりとりをしますが、どうも小さいようですぐに寄ってきます。逆に小さいのはバレやすいので一気に寄せて抜き上げ♪

待望のシーバスですがサイズが・・・

ようやく釣れたシーバス。ただ少し小さすぎですね(^_^;)
でもシーバスの居場所が特定できました。外向きエリアのタチウオに圧され、湾奥部に入ってきたのかもしれません。
その後、数回のバイトが有りましたが、どれも小さいバイト。しばらくするとバイトが無くなったので移動。

少し離れた常夜灯が絡む堤防。
ここもキワ打ちが定番なので、VJ-16を堤防にタイトにキャスト。
着水後少し間を置いて巻き始めること数秒後にガツン!とバイトがありドラグが鳴ります。
ロッドからはタチウオとは違う、シーバスが首振りするのが伝わってきます。遠いところでのヒットだったので、少しドラグを締め込み追い合わせを入れ、やや強引に寄せます。しかし相手もさることながら抵抗を続けます。そこで少しドラグを緩め、体力を奪う作戦に変更。足元まで寄せるも何度も下に突っ込まれ苦戦しましたが、無事ネットイン成功♪

ホッとした瞬間。

なかなか良いサイズなんじゃないの?とメジャーを取り出し測ってみます。

55センチ。
しっかりカタクチイワシを食べているのか丸々と太った体高のあるナイスファイターでした。

やっぱりシーバスはカッコいい。

これが釣れたのが5時45分。その後6時まで頑張りましたが予定も有ったので後ろ髪を引かれる思いで納竿としました。

釣行を振り返って

結果的にシーバスでも良型を仕留めることが出来、タチウオも数を狙って釣ることが出来ました。
新製品のコアマン VJ-22の凄さを思い知った感じですが、これについては長くなってきたので別途記事にしたいと思いますが、VJ-16のサイズ感も大阪湾奥にはマッチしていると思ったりもします。使い分けが大事でしょうね。

今回55センチのシーバスを仕留めたのはVJ-16。
これにセットしたアルカリシャッドのカラーはコレ!

台風と大潮で入ってきたカタクチイワシ。
大阪湾奥はしばらく楽しめそうです♪