スポンサーリンク

【釣行記】新月周りの大潮の南港でタチウオが!【大阪南港】

少し時間が開いてしまいましたが、11月30日は午前中だけ休暇が取れたので、釣りに行くことに。
この日は大潮で新月周り。
巷では釣れるとよく言われる潮回りなもんで、期待しながら前日床についたのですが、2時に起きて準備をするつもりが起きたら4時半・・・寝坊してしまいました(;^ω^)
慌てて準備をして車に飛び乗ります。
せめて朝マヅメの時間を外さないようにと、阪神高速をかっ飛ばし南港へ。
現地到着は5時過ぎと何とか日の出前に到着できました。
しかし平日にもかかわらず、結構な人。
当然皆さんタチウオ狙い。
私はあくまでも本命はシーバスですので、タチウオ狙いの方々を避けるように距離を取って準備開始。
コアマンのVJ-16をセットし、足元の岸壁沿いからチェックしていきます。
巻いてくる感覚ではベイトに当たるような感じもなく、水面もベイトの気配を感じられません。
横移動をしながらレンジを変えつつ探っていくと、ゴンっとヒット♪
横に走る感じは一瞬シーバスかと思いましたが、途中で気付く独特な引き心地。
揚がってきたのはやっぱり・・・
タチウオさん。
安定のタチウオさん。
幅が指3.5本の良型だったのでお持ち帰り決定♪
アルカリシャッドのカラーはコボラサッパでした。
ここでアルカリシャッドを沖堤イワシにカラーチェンジし、同様に岸壁沿いを狙っていきます。
次第に明るくなりだし、沖目に潮目がハッキリと確認できるようになりました。
そこで沖目の潮目に狙いを変更。
キャスト後、数秒カウントダウンさせ、ミディアムスローで引いてくるとガツン♪
2匹目追加。
2匹目のタチウオ♪
こちらも指3本サイズだったのでお持ち帰り。
時間は既に6時を回り、段々と人が帰っていきます。
少し場所を移動し、潮通しの良い堤防先端部からキャストをすると、ピックアップ時にセイゴちゃんのチェイスを確認。そこでコアマンのIP-26に変更しリアクションで食わせようとするも駄目。他のルアーも数種類試しましたが、反応は得られず。
そこで再度VJ-16に変更。沖向きにキャストし、やや早めのリーリングで巻いてくるとガチン♪
こんどは指2本サイズの可愛いタチウオ。流石にコレはリリース。
その後も頑張って7時過ぎまで粘りましたが、シーバスの反応は無くなり移動を決意。
近くで釣られてた方は、爆釣していたようで、クーラーボックスを見せていただくと15匹以上のタチウオが入っていました。中でも指5本は軽くありそうなドラゴンサイズも釣れており、ビックリでした。使用ルアーはアンチョビミサイルとの話でした。まだ使ったこと無いルアーなので気になりますね。
で、移動したのはかもめ大橋。
大和川に面した堤防からIP-26で狙いますが、反応は得られず。
辺りではショアジギングをされてる方が4人程おられましたが、どなたも釣れてはいませんでした。
流石に時合を外してしまっては釣れないようです。9時には納竿し帰路につきました。
折角の新月周りの大潮でしたが、早起きできずに不意にしてしまったのは不覚でした。
でも良型タチウオが釣れたので良しとします(;^ω^)
シーバスはまた次の機会におあずけです。
しかしコアマンのVJ-16はホントに釣れます。
フックが小さめで刺さりも良いことからタチウオにもガッツリ掛かります。
この時期には欠かせない存在です(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪