スポンサーリンク

基本に忠実に足元を狙った結果は?

最近なかなかタイムリーに更新できていませんが、先日6月23日の釣行記です。
やっぱり基本が大事。そう思った釣行となりました。今回はそんなお話。

まずは足元を狙え!話はそれからだ。

就業後の17時30分に現地到着。ポイントはいつもの大阪湾奥某河川。
この日は夜からフォロワーさんと合流する予定だったので、それまでの時間にサクッと釣ってしまおうという魂胆。コアマンVJ-16をセットし、テクトロで足元を探ります。

ハゼドンコは釣れますよ~

潮回りは長潮で緩く下げ潮になる状況。あまり良くはない潮回りですが、このポイントはタイミングが命。ベイトの回遊を待ち構えるシーバスが入っていれば反応が得られやすい反面、駄目な時は全く駄目な場所。
シーバスの付き場は大半が足元の岸壁沿い。水面下のえぐれた部分にタイトに付いているので、効率よく探るにはテクトロが一番手っ取り早く、あとはレンジを合わせていく作業だけ。

まずは表層付近からチェック。ロッドを立て気味にし、やや早めに歩いて表層付近をチェックしますが不発。そこで数秒沈めて中層を引いてきます。するとコツンとバイトが出ましたが、アルカリシャッドの尻尾を持っていかれただけ。

勿体無い(´・ω・`)

アルカリシャッドを付け替え、改めてチェックしていきます。
岸壁を1往復し、更に折り返した際の中層チェック時に抑え込むような抵抗を感じたため、ロッドを煽って反応を伺うとラインが沖に走り出しました。待望のバイトです。更に巻き合わせでスイープにフッキングさせファイト開始。一気に足元近くまで寄せて体力を奪う作戦に出ます。見える魚体は50センチ程度でしょうか。最初の1匹なだけに慎重にやり取りしていたものの、浮いてきた際の反転時にロッドワークをミスったかフックアウトさせてしまいました・・・あと少しでキャッチできたのに無念です(´・ω・`)

しばし場を休ませ、改めてテクトロを再開。更に歩き進むも反応が無いためルアーチェンジ。
IP-13に変更してテクトロを再開します。IP-13の場合、VJ-16よりも早く歩く必要がありますが、テクトロは可能。ラインを15m程送り込み、プルプルが伝わるギリギリの速さで歩き進み、時折ロッドを煽って上昇アクションを付けてやります。しばらく歩き進むとゴン!とロッドティップを引き込むバイト。ロッドを水平に煽り追いアワセを入れます。先程のバラシが頭をよぎりますが、丁寧なファイトを心がけ、無事キャッチ成功です。

コンスタンギーコ最高♪

IP-13のフックは小さいので心配でしたがキャッチ出来てホント嬉しかったです。
VJ-16では反応しなかったシーバスをIP-13で獲れたのは自分的には収穫でした。ルアーローテーションの順番も柔軟に考える必要がありそうですね。

ドヤ顔スイマセン

サイズは52センチ程ですが肉付きもよく魚体も綺麗。ベイトをしっかり食べているのでしょう。カッコイイ魚体に見とれてしまいます。

52センチ♪

撮影を終え、敬意を込めつつリリース。
引き続きIP-13でチェックしていきますが、続く反応は得られません。
そこでもう一度VJ-16に戻してテクトロを再開。
足元にVJ-16を落とし、ベイルアームを起こして10m程歩き、ベイルアームを戻してテクトロを始めようとしたら何か引っ掛かっているような感覚があり、ゴミを外すようにロッドを煽ったところグングン!喰ってる!?そう思った頃には既に遅くフックアウト。フォール中に喰っていたのでしょうか。完全に油断していました。勿体無い・・・。

やってもた・・・。

徐々に日が暮れ始め、これまで反応が続いた足元の岸壁沿い狙いも反応が途絶えてしまいました。ルアーも数種類変えてみるも駄目。やや岸壁から離れたエリアもチェックしていきますが、駄目。時間を見るとフォロワーさんとの集合時間が迫っていたので集合場所に向かうことに。

フォロワーさんと合流し、向かった先は南港エリア某所。
水面を観察すると小さいベイトが泳いでいるようで波紋が岸際に広がっているところがありました。そのため、VJ-16でテクトロしてみたところ、期待通りに喰ってきましたが反応が遅れてしまいフックアップせず・・・その後22時まで頑張りましたが全く駄目でした。

釣行を振り返って

この日の釣行も今までの実績を考慮し、岸際でベイトを待ち構えるシーバスを効率よく狙えるテクトロを多用した結果、複数のバイトを得ることが出来ましたが、キャッチできたのは1匹のみと課題の残る結果となりました。今後はキャッチ率を上げるべく色々考えて釣行に望みたいと思います。

テクトロはリールを巻いて釣る訳ではないので釣った感が少なく、邪道と言われる人も居るかもしれません。しかし岸際にシーバスが付いている状況では最強のメゾットだと私は考えています。特にコアマンVJ-16はテクトロ最強です。カラーチェンジしながら探っていけば必ず結果がついてくると思います。

基本に忠実に。足元から狙っていくことをお忘れなく♪