スポンサーリンク

シーバスの白子ポン酢がけが美味すぎた話

さて今回は先日釣って自宅に持ち帰ったシーバスが白子を持っていたんで試しにと食べてみたところ・・・本当に美味しかったという話です。大阪湾奥で釣れたシーバスの白子なんか食べて大丈夫なの?!と思われるかもしれませんが、良い意味で期待を裏切られました。

半信半疑で食べたらビックリ!これは美味!

先日11月10日の釣行で釣った69センチのシーバスを自宅に持ち帰り、食べようと解体していたんですが、予想外の出来事がありました。

まな板からはみ出して大変でした

いつも通り頭を切り落とし、腹を割いて内臓を取り出すと、見慣れない白い臓器を発見。もしや?と思って優しく取り出すと、長さ20センチ近い白子が出てきました。

シーバスの白子!

これまで何匹もシーバスを食べてきましたが、ここまで大きな白子を持ったシーバスは初めて。この大きさなら食べられるんじゃないの?と思い、ネット検索。するとクックパッドでスズキの白子のポン酢がけとしてレシピを公開しているのを発見。これを参考にワタシもポン酢がけを作ることに。

レシピ通りに白子を流水で綺麗に洗い、小鍋に湯を沸かし、少量の酒を入れ白子を投入。
3分ちょっと湯がき、小鍋から取り出した後は覚ますべく氷水に付けてからキッチンペーパーで水気を拭き取り、まな板に載せ一口サイズにカット。後はお皿に盛り付け、刻みネギを載せ、ポン酢を掛けるだけです。

白子をカットする際は、しっかり粗熱を取ってからカットするのが唯一のコツです。というのも、粗熱が取れていないと、白子がドロドロ溶けてしまい、まな板にへばりついちゃいます。お気を付けて。

で、出来たシーバスの白子のポン酢がけはコチラ。

シーバスの白子のポン酢がけ完成!

七味はお好みで。
実食してみましたが、タイトルにも書いたとおり、本当に美味い!臭みなんか全く感じません。食感はタラやフグの白子同様、ネットリとしていて、濃厚な味はまさに白子。子供たちも最初は不審がっていましたが、ひとくち食べて目を見張ってました(゚д゚)ウマー

後日調べたところ、シーバス(スズキ)は外見上の雌雄の見分けは判別不能で、成長過程で雌雄が変わると言われたりする謎な生態を持つ魚でした。そのため、こんな大きな白子に出会える可能性は低いかもしれませんが、もし大きな白子を持ったシーバスと出会えた際には、是非とも食べてみてください。本当に美味しくてビックリすること間違いなしです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると喜びます♪

コメント

  1. ゆうた より:

    白子は大好物なのですが、シーバスの白子は美味しいのでしね。
    魚によったらクセがあるのもあると聞いていたのでタラとフグしか食べたことがありませんでしたが、次回釣れたのがオスなら白子頂いてみます。

    • komo-chick komo-chick より:

      ワタシも白子といえばフグかタラしか食べたことありませんでしたが、遜色なし、むしろ美味しく感じました。今の時期のシーバスは産卵前でたらふくベイトを食べているので美味しいですよ♪
      機会があれば是非お試しください!