芦屋さくらファンランで走ってきた話

4月7日は南芦屋浜周辺で開催された「芦屋さくらファンラン」のハーフマラソンに参加してきました。ご縁があってコアマンの泉さんの主催する「コアマンジョギングクラブ」にお誘いいただき、ご一緒させていただいたお陰で楽しく走ることができました。今回はそのハーフマラソンでの出来事や大会インプレッションを書いてみたいと思います。

コアマンジョギングクラブ最高!

私は2014年からジョギングを始め、年1回ハーフマラソンに参加していますが、以前からtwitter等でコアマン泉さんもハーフマラソンに出場されているのを見ており、そこで一緒に走る人を募集されていたことから私も一緒に走ってみたいと思い、今回の「芦屋さくらファンラン」へエントリー。その後、泉さんから直接お声掛けいただき、ご一緒させていただく運びとなりました。

桜を楽しみながらの走りってことですね。

現地には車で向かいました。事前に駐車場予約アプリ「akippa」を利用し、会場から徒歩20分の場所に駐車場を予約していたため、非常にスムーズに現地入りが出来ました。車を止め、受付場所となる芦屋中央公園野球場まで歩いて向かうと、会場近くでコアマン泉さんを発見。そのままご挨拶させていただき、無事合流できました。しかし泉さんって遠目でも分かるんですよね。ちょっとしたオーラを感じます。話すとエネルギッシュで明るく、それでいて面白い。youtube動画等で見たイメージのまんまでした。

会場に着いて受付を済ませてると、他のジョギングクラブの方々もぞくぞくと集まっており、私もそこに合流させていただきます。泉さんに皆さんを紹介していただきましたが、「大阪でコアマンルアーでめっちゃ釣ってる人」と説明されてしまい、恐縮してしまいましたが、ちょっと嬉しかったり。折角の機会なので記念撮影させていただきました。

コアマン泉さんと。

実は今回、ハーフマラソンへのエントリーの際に皆さんと違う区分で申し込んでしまったため、皆さんは10時50分からの出走でしたが、私だけ12時50分からの出走となってしまい、残念ながら一緒に走ることは叶いませんでした。しかし、皆さんの出走までの間に少しながらお話をさせていただきました。ホント気さくな方ばかりで楽しかったですね。出走10分前には皆さんと握手をして健闘を称え、スタートをお見送り。

ここで私は一旦車に戻って昼食を取り、しばし休憩のうえ再び会場に戻ります。出走30分前には会場に到着し、ゼッケンやICチップを取り付け準備を整えつつストレッチを入念に行います。

今回のゼッケン。

出走15分前には荷物を預けてスタート位置へ。ひとりで走ることなりましたが、走り始めれば最終的にはひとりなので気になりませんが、前回ハーフマラソンを走ったのが2017年の11月。その際には左股関節の痛みから終盤は走ることが出来なかったこともあり、その不安を抱えつつスタート。

スタート直前。緊張の一瞬です。

最初の2キロ程はコース幅が狭く、ペースを上げることが出来ません。1キロ7分台という遅めの展開がしばらく続きましたが、ワタシ的には序盤は遅いペースで足を慣らす方が良いので好都合。宮川沿いの桜並木を走るのは気持ちよかったですね。2キロを過ぎた辺りからコース幅も広くなり、ペースを上げて走ります。練習の成果もあってか身体は軽く、ペースも自然と上がってきます。気付けば1キロ5分20秒というハイペースで走っていたため、逸る気持ちを抑えて少しペースダウン。

しかし快調に走れたのも8キロ付近まで。予想通り左股関節の痛みが出てきました。徐々にペースも落ちていきます。股関節の痛みは歩幅を制限するため、どうしてもペースが上がりません。10キロを過ぎた辺りで我慢できず、コース脇に立ち止まり軽くストレッチをして股関節を伸ばし、走り直します。ただ、それも長くは続かず、2キロ程走ってはストレッチといった状況。それでも15キロ付近から痛みにも慣れ、完走することだけをイメージしゴールを目指します。最後の1キロは宮川沿いの桜並木を走ります。花見客が大勢いる中を走るんですが、声援を送ってくれる方も多く、非常に励みになりました。満身創痍ながらも声援のお陰で最後は気持ちよくゴールすることが出来ました。

無事完走!

タイムは2時間20分12秒とイマイチな結果ですが、完走の達成感がそれを忘れさせてくれました。走ってる最中は本当に地獄でしたが、完走したら次のレースのことを考えちゃうんですから恐ろしいものです。

次はもうちょっと頑張ります。

マラソンって自分と向き合う競技で練習の成果が露骨に出る競技なんですよね。それだけに頑張れちゃうのもありますし、負けず嫌いな自分としては、自分に負けたくないという気持ちが足を前に運んでくれるのだと考えてます。走ることで足腰が鍛えられ、長い期間、釣りを楽しめるっていうのもひとつの走る理由だったりしますが、それは後付の理由。とにかく走ることの達成感が最高なんです。

次は12月に行われる小野ハーフマラソンですね。それまでにしっかり鍛え直し、ノンストップで完走出来るよう頑張りたいと思います。皆さんも走ってみませんか?

最後にお誘い頂いたコアマン泉さん、コアマンジョギングクラブの皆さん、大会関係者の皆さん、声援を送っていただいた皆さんに改めて感謝いたします。

こもチック
  • こもチック
  • 大阪在住の会社員。昭和50年代生まれ。釣りと家族を愛するツーブロック。

2件のコメント

  • アバター

    こんにちは
    コアマンのTシャツいいですね~
    ジョギングは苦手なのでTシャツ欲しさに入ると後悔しそうですね(笑)
    最終的にはコアマンのテスターになってください

    • komo-chick

      走る距離は問われないのですが泉さんと一緒に走るのであればハーフマラソンになりますね(;^ω^)

      テスターとは恐れ多いです。ワタシにはそこまでの実力はありませんよ。限られたエリアでの釣果ですからね(^_^;)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)